ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これだけで泣ける! 実写映画『プーと大人になった僕』動くふわふわのプーさんが可愛い特報映像

世代を超えて幅広く愛されるディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」が初の実写映画化。『プーと大人になった僕』が9月14日に日本公開。ふわふわで動くプーさんが可愛い特報映像が解禁となりました。

【動画】ふわふわの動くプーさんが可愛い! 実写映画『プーと大人になった僕』特報
https://www.youtube.com/watch?v=rYT7QmL7Zx0

ディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」は、1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとはちみつ』 (66) 以降、これまで短編・長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られてきましたが、実写映画化は本作が初。

本作は、2011年に公開されたアニメーションの劇場公開映画『くまのプーさん』で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる物語です。

特報映像は、「子供の頃の宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう─」というナレーションとともに、プーさんとクリストファー・ロビンの少年時代のイラストからスタート。もうね、すでにここだけで泣ける!

重要な仕事をまかされたクリストファー・ロビンが、公園のベンチで頭を抱えていると、「クリストファー・ロビン」と声をかけられ、聞き覚えのある声の方向へ振り向くと、そこにはかつての親友プーが! プーさんとクリストファー・ロビン二人だけが登場する短いものですが、涙無しでは見られない映像となっています。

【あらすじ】クリストファー・ロビンは、大人になり愛する妻と娘とロンドンで暮らし、忙しい毎日をおくっていた。ある日、仕事のことで頭を悩ませていたクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての大親友のプーだった! 大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな感動の物語。

『プーと大人になった僕』(原題:『Christopher Robin』 )
■全米公開:8月3日(金)
■監督:マーク・フォスター(『チョコレート』『ネバーランド』)
■出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 他
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
■公式HP:disney.jp/Pooh-Boku

(C)2018 Disney

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。