ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

苦しいリハビリが楽しいゲームに! RAPAELのスマートグローブが先進的

脳卒中や事故などで身体が一部不自由になった人にとって、その機能を回復させるためのリハビリテーションは不可欠。リハビリと聞くと、長期間にわたるつらいものという先入観を抱きがちだが、そんなイメージを一新する画期的な道具が開発された。

・楽しみながらリハビリ!

開発したのは韓国に本拠を構えるスタートアップNEOFECT。その名も「RAPAEL Smart Glove」だ。このスマートグローブの最大の売りは、つらいリハビリを、楽しいゲームに変えた点だろう。仕組みは簡単。リハビリの必要な手にグローブを取り付け、Bluetooth経由でPCやタブレットにつなげるだけ。

メニューにはピンポンや釣りなど、麻痺した手の動きを再生する40種類以上におよぶゲームが用意されている。

・AIが自動的に提案も

本体は人間工学に基づいたデザインで、手に取り付けても違和感なくなめらかだ。重さもわずか132グラムと軽量。

また、専用のアプリと連携することで、内蔵のセンサー経由で患部の状況の詳細なデータも取得することができる。ユーザーはプレイするゲームを自分で選ぶこともできるが、取得されたデータをもとに、今の患部の状態に合わせて最適なレベルのゲームを、AIから自動的に選んでもらうことも可能だ。

苦しいものだったリハビリを、楽しみながら乗り切れるプロセスに変えたこのデバイス。医療とテクノロジーの融合という最先端のトピックは、今後ますます盛り上がりそうだ。

RAPAEL Smart Glove for Hand Rehab

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。