体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【伊豆・河津桜の旅】早咲きの桜の名所へ。ピンクの絶景は必見!

【伊豆・河津桜の旅】早咲きの桜の名所へ。ピンクの絶景は必見!

「2月が一番寒い」という事実を、毎年忘れてしまうのは、私だけでしょうか?
正月が過ぎ「よっしゃ〜! 乗り越えたぜ冬! 来るぜ春!」と浮かれるものの、より一層寒さ厳しくなる2月。ぶっちぎりで寒い2月。

もういや! 布団にくるまり冬眠してやる……!

と言いたいところですが、そうもいきません。
だったらせめて、少しでも早く春を感じたい。

そんな皆さんにおすすめ! 今回は2月に咲くという「河津桜」をご紹介します!

河津桜まつりの見どころは?

2月上旬ごろからゆっくりと咲き始める、早咲きの桜として有名な「河津桜」。
ソメイヨシノなどに比べて色が濃く、鮮やかなピンク色の花びらが特徴で、開花から約1カ月を経て満開に。一般的な桜と違い、長期間楽しむことができるそう。

踊り子号

JR東京駅からレトロかわいい列車「踊り子号」に乗り込み、揺られること約2時間半。河津駅に到着です。

河津桜観光交流館

駅から7分ほど歩いて「河津桜観光交流館」へ。地元の海産物などのお土産の販売や、お食事処のある施設です。
こちらの1階にある河津町観光協会で、事務局長の島崎博子さんに、河津桜について伺いました。

河津町観光協会・事務局長の島崎さん

「河津桜の魅力は、なんといっても鮮やかなピンクの花です。河津川付近では、桜と黄色い菜の花のコントラストを楽しむことができ、青空にもよく映えます。またせっかく河津まで来ていただくなら、原木はぜひご覧ください。まず駅から河津交流会館まで来て、歩いて約10分の原木を見て、帰りに川沿いを通る、というコースがおすすめです」(島崎さん)
河津桜の原木

河津桜 原木(写真提供:河津町観光協会)

1991年から始まった「河津桜まつり」には、毎年、全国各地から観光客が。昨年は93万人以上の人が訪れた、伊豆を代表する一大イベントとなっています。

2018年は、2月10日〜3月10日の開催。夜桜の下を案内人さんの先導で歩く“河津桜満喫ナイトウォーク”など、さまざまなイベントも。

夜桜も、きっと素敵なんだろうなぁ……。

見どころたくさんの河津桜ですが、それだけじゃ物足りない人のため、一緒に楽しめるおすすめスポットやグルメも伺いました。

河津町観光協会 御朱印帳

「樹齢1000年を超える大樟(くすのき)がある川津来宮神社は、パワースポットとして人気。すぐ近くにある峰温泉大噴湯(だいふんとう)公園かわづカーネーション見本園もおすすめですよ。
また、ちょうど同じ時期、お隣の東伊豆町では『雛のつるし飾りまつり』が開催されているので、そちらに足を延ばすのもいいかもしれません。二つの町の神社を回り、御朱印を集めながら名所を巡る『御朱印さんぽ』も企画し、オリジナルの御朱印手帳なども販売しています」(島崎さん)

河津町観光協会 あんバタわさこ

「グルメはやっぱり海の幸。あとは名産のわさびですね。珍しいと人気なのは、駅と河津桜観光交流館で販売している“あんバタわさこ”。わさびを練り込んだバターとあんこを挟んだパンは、好きという人と、そうでない人もいるけど(笑)」(島崎さん)

そういって差し出された“あんバタわさこ”を、ドキドキしながらひと口ぱくり。
甘くておいし……ん? ん! キタキタ! 鼻にツーン!
あんこの甘みと、時間差でくるわさびの辛味がベストマッチ。クセになる味わいです。

足湯でのんびり&『孤独のグルメ』登場の店へ

いろいろとお話を聞けたところで、さっそく観光スタート!
20分ほど歩いて、おすすめスポットのひとつとして教えてもらった「峰温泉大噴湯公園」へ。
100℃のお湯が、高さ約30mまで噴き上がる自噴泉です。

峰温泉大噴湯公園 足湯
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。