体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イベントレポート】沖縄を、写真で体感してきた!


実は沖縄にはまだ1度も行ったことがない。そんな私でも沖縄の情景を肌で感じられるような、一言では言い表せられない素敵な写真に出会った。

沖縄県の知られざる魅力を発見、発信する総合サイト「OKINAWA41」が開催するフォトコンテストの表彰式が3月29日(木)に開催された。フォトコンテストは「はたらく」「暮らし」「風景」の3部門にて一般応募(※受賞対象者は沖縄県在住等の制限あり)され、1月30日(火)~3月7日(水)までの37日間で1173件の応募があった。

表彰式当日は、福井照内閣府特命担当大臣をはじめ、コンテスト審査委員長を務めた島尻安伊子内閣府大臣補佐官、審査委員のお笑いコンビ・ガレッジセール、石垣島在住で沖縄の写真を数多く手掛ける北島清隆氏などが出席。


まず福井大臣から挨拶が。「沖縄の魅力が多くの人に伝わることを目的に始まったこのコンテスト。いままさにシーズン2が開催されている。現在私は“景観工学”について学んでおり、その中で「景観10年、風景100年、風土1000年」という言葉があります。今回切り取った写真はまさに“風土”。この瞬間が、時間と幸せを蓄積している。」と述べていた。

そして、部門賞の発表。


「はたらく」部門賞は、石垣市の山尾瑞穂さん撮影「はたらく背中」(※最初の画像)。ときに涙を流しながらはたらく姿も見られる水牛の背中が、まさしく「はたらく」にふさわしいということで授賞が決まったという。黙々と人を運ぶ水牛の背中は、何かを語っているような、そんな気さえしてくる。受賞者の山尾さんは、「とにかく嬉しい」とコメント。


次に「風景」部門賞。石垣市の岸本亮さん撮影「ヤエヤマヒメボタル 恋の季節」が受賞した。ハッとするほどのホタルの大群。美しさのあまり、写真ではなく絵画ではないかと思ってしまうほど。何時間も眺めていたい風景だ。


受賞者の岸本さんは、「米粒くらいの大きさながら、光が強いヒメボタルは、日没からわずか30分程度しか光らないホタル。撮影は山で行ったので、虫はもちろん、ハブやイノシシに遭遇することもあったが、結果的にこのような賞をもらえて光栄です」という撮影秘話が。


「暮らし」部門賞は、与那原町の又吉龍辰さん撮影「いざ決戦!」。440年あまりの歴史を誇る、与那原の夏の風物詩で沖縄三大大綱曳きの一つ『与那原大綱曳き』の様子を切り取った一枚だ。まさに決戦が始まろうかというこの一瞬は、非常に躍動感があって思わず引き込まれてしまう。


受賞者の又吉さんは、「うれしいです!」と喜びの一言。

そして、なんと審査員を務めた著名人による特別賞も発表された。実はこの賞の存在は公表されていなかったので、受賞者にとっては嬉しいサプライズになったことだろう。


まずはガレッジセール賞。


ガレッジセール ゴリ 賞は、竹富町の上勢頭詩穂子さん撮影「たかいたかい」。講評として、「面白い写真を選んだほうが良いのかと思ったが、1137枚すべてに目を通し、何も考えずに心に留まった写真を選んだ。その中でもこの写真は一瞬の魅力が素晴らしい。水しぶきからうかがえる躍動感や、むしろ“たかすぎるたかすぎる”といえるくらいの高さがすごい」とコメント。この写真も空と海の青さが気持ちいいほどクリアで、だからこそ親子が映える一枚となっている。


そしてガレッジセール 川田 賞は、宜野湾市の當間文次さん撮影の「Beyond the horizon」。講評は、「この写真をみて、45年間沖縄に行ったり来たりしているが、こんなに綺麗だったんだ。自分たちの故郷はこんなに美しかったんだと、沖縄出身であることを誇りに思った。万座毛は何十回も行っているが、こんなに美しい万座毛はない。おそらく、限られた時間の中でしか撮れない美しさ、そして海の力強さ、そういったことから選んだ。最高の景色をありがとうございました」。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。