ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「午後の紅茶 おいしい無糖」がさらにすっきりした味わいに!


「午後の紅茶」ブランドの中でも苦みや渋みが少なく、本格的で上質な紅茶のおいしさをすっきりと味わえる「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」が、4月3日(火)にリニューアル!飲み飽きない「午後の紅茶」の新しい味わいはクセになってしまうかも?!

新「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」は、本格無糖紅茶。茶葉を2つの異なる温度で抽出する新製法“ツイン・ブリュー製法”を新たに採用し、爽やかで心地よい飲み口と後ギレはそのままに、より香り高く余韻を楽しめる味わいに進化している。

また、紅茶ポリフェノール含有で、すっきりとした飲み口を実現。こってりとした油の多い食事にもぴったりだ。パッケージも白を基調とした現代的でスタイリッシュなものに変わり、上品な茶葉柄からは飲みやすく爽やかな味覚が伝わってくるようだ。


今回のリニューアルに際し行われたアンケート調査では、新「午後の紅茶 おいしい無糖」を試飲したビジネスパーソンの4人中3人が、紅茶なのにこってり飯に合うと回答。「こってり飯にとても合うと思う(30.6%)」、「こってり飯に合うと思う(55.0%)」と85.6%の人が合うと思うと答え、「全く合わないと思う」と回答した人は1.8%だった。また、同商品を「食事中に飲みたい」と答えた人は53.2%にも上った。アンケートからも“すっきりした”味わいであることがよく伝わってくる。

「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」は、185g缶入り:80円、自動販売機用の500mlペットボトル:138円、500mlペットボトル:140円、2Lペットボトル:330円の4種類をラインナップ(いずれも税抜)。

スマートな大人にぴったりの「午後の紅茶 おいしい無糖」で、シーンや場所を選ばない“上質な休息”を楽しんでみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。