ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

NASA、騒音少ない超音速機「X-Plane」開発、2021年にもテスト飛行

NASA(米国航空宇宙局)は、ソニックブームと呼ばれる超音速に特有の大音響を抑えた次世代超音速機の実験機「X-Plane」を開発すると発表した。

2021年末までに安全性の確認などを行う試験飛行を開始し、商業運用に向けた各種データを集める。

・ロッキードが受託

NASAは米防衛大手のロッキード・マーチンと契約を結び、委託を受けた同社がX-Planeを2億4750万ドル(約263億円)で製造する。最新テクノロジーでもって騒音を抑制するのが最大の特徴だ。

NASAによると、飛行スピードに基づく現在の航空規制法では、超音速機が陸上を飛ぶことは禁止されている。だが、今回のX-Planeプロジェクトでは実際にいくつかの都市の上空を飛び、どれくらいの騒音があるか、騒音抑制が有効かどうか住民の反応などを分析する。

・コンコルドの欠点を改良

試験機は高度5万5000フィート(約1万6800メートル)を時速約1500キロで飛行。商業運航されれば、ニューヨーク−ロサンゼルス間を2時間弱で結ぶことが可能になる。

超音速旅客機といえば、かつてのコンコルドを真っ先に思い浮かべる人が多いかと思うが、コンコルドは燃費の悪さや騒音のために2003年に廃止に追い込まれた。

今回のX-Planeでは、そうした欠点を改良していくことが見込まれ、米国が本腰を入れることで再び超音速の恩恵を受けることができるかもしれない。

NASA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき