体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ピンク”を演じるポイントは!? 『映画プリキュアスーパースターズ!』引坂理絵・美山加恋・高橋李依インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年2月4日から放送されている『HUGっと!プリキュア』と『キラキラ☆プリキュアアラモード』『魔法つかいプリキュア!』が共演、2018年3月17日の公開から2日間で歴代1位の興行収入を記録している『映画プリキュアスーパースターズ!』。

今回、野乃はな=キュアエール役の引坂理絵さん、宇佐美いちか=キュアホイップ役の美山加恋さん、朝日奈みらい=キュアミラクル役の高橋李依さんの三世代のプリキュア“ピンク”に集まってもらい、映画の見どころや“ピンク”を演じる上での心構えなど、お話をお訊きしました。

precure_ss_02

ーー『プリキュアスーパースターズ!』に出演することが決まって、台本を受け取ってストーリーを読まれた時の感想や印象を、まずはお聞かせ頂ければと思います。

引坂理絵(以下、引坂):今回初めての映画で、はなちゃんと過去に触れるようなお話で、「約束」という部分が重要になってくると思ったので、はなちゃんをどう演じればいいか色々とイメージしながら台本を読んでいました。テレビシリーズでは見せたことない、約束を守れなかったというところを、いつもの元気いっぱいだけではない姿を「どう表現できるかな」と思いましたが、ほかのメンバーたちと先たちの絡みを見ていて、「ああ、私たちもプリキュアの仲間入りをしたんだな」と感激しました。

美山加恋さん(以下、美山):初めて後輩ができた作品で、先輩の威厳を少し見せられるシーンもあって「いちかやみんなが大人になったんだな」と感じました。1年間演じてみて、『プリアラ』は人の成長を濃密に描いている作品だったので、やっぱり積み重ねてきたものも多かったですし、その分「よし、ここまでちゃんと来れた。ここでバトンを渡そう」という心持ちで挑めたし、ヤパパ役で1年間頑張ってくれてた引坂さんがプリキュアのピンクということで、みんなが現場で知って喜んでいて、私もとてもうれしかったので、アフレコのときも仲間がすごくカッコよく、次は新しいプリキュアとしてすごく頑張っている姿に感動しました。

引坂:うれしい!

美山:本当に引坂さんに託せてよかったなと思いました。

高橋李依さん(以下、高橋):台本を読んで、『魔法つかいプリキュア!』の世界観やみらいたちの時間は全然止まっていなかったんだな、ということを再認識できて、「またあの日常が帰ってくる!」と感じるくらい、楽しくお芝居をさせていただました。ぜひ、放映時に1年間観ていて楽しかったという方は絶対みらいたちに会いに観に来てほうがいいと思います。

precure_ss_03

ーー『HUGっと!プリキュア』のメンバーにとっては初めての映画で、2月から放映がスタートして間もない中での公開となりました。

引坂:この1、2カ月は怒涛で流れていって、本当にあっという間でした。テレビ放映開始されて、その上に映画ももう公開されるという流れに、まだ自分の身体が全然追いついていかないぐらいです。本編と同時に映画も撮らせて頂いていて、先輩たちとも出させて頂いて、自分の中では全部が大切なうれしい思い出になっていて、時が流れるのをひたすらに早く感じています。私たち『ハグプリ』のメンバーがまだ出たばかりですけれど、私たちなりの今できる姿を映画の中で精一杯演じているので、それをしっかり見ていただけたなら嬉しいです。

ーー高橋さんや美山さんから見て、はなというキャラクターはどのような印象を抱かれましたか?

高橋:私が一緒に、はなちゃんとみらいと掛け合いをさせてもらって感じたのは、やっぱりピンクとしての地に足がついているその力強さ。「野乃はな」という草木を印象させる名前で、「これは太そうな根っこが地に生えているぞ」と感じるくらいどっしりとしていました。アフレコのマイク前の姿もしっかりとしていて、すごいパワーを感じました。だから、「これは子育てするぞ、母だぞ」と思いました。

美山:引坂さんはすごく努力家でひたむき。その上ムードメーカーでもあるので、はなちゃんに本当にぴったりだと思います。みんなを元気にしてくれるんですよ。そういう部分もはなちゃんにも引坂さんの人柄のよさとかそういうのも出ているんじゃないかなって感じ取れるんじゃないかな、と。やっぱりマイクの前では、本人のことも見れるし、キャラクターのことも見れるし、感じ取れて、応援したくなりますね。でも、応援なんかしなくてもすごいどっしりしているから、もう既にかっこいいし、視聴者にも伝わると思います。

precure_ss_04 precure_ss_05

ーー皆さんが特にこのシーンを観てほしいというポイントがあれば教えて下さい。

引坂:やはり先輩プリキュアと、エールやアンジュ、エトワールとの絡みを見てもらいたいですし、はなちゃんのクローバーに対しての気持ちが繊細に描かれているところを皆さんに見ていただければと思います。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。