ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

運は頼るものではなく「操るもの」DaiGoが教える運気操縦術

運は頼るものではなく「操るもの」DaiGoが教える運気操縦術

運がいい、運が悪い、と感じるのはよくあることだ。ただし、成功と失敗を運のせいにすると、人は考えることや行動することをやめてしまう。

そもそも、運は「頼るもの」ではなく、自分で「操るもの」。そう述べるのは、『運は操れる』(メンタリストDaiGo著、マキノ出版刊)の著者であり、メンタリストのDaiGo氏だ。本書では、科学的に運を操るテクニックを知り、その力をトレーニングによって伸ばす方法を紹介する。

■運は「頼るもの」ではなく「自分で操るもの」

DaiGo氏いわく、運を操る力を身につけることによって、仕事運、金運、恋愛運を操ることができるようになる。では、どうしたらいいのか。

DaiGo氏は実体験や運の研究から、「運を操る力」を鍛え、伸ばしていく3つのステップを明かす。

1.不安に強くなる

運を操る力を身につけるには、不安に強くなることが前提条件となる。なぜなら、不安は幸運を遠ざけ、不運を引き寄せるからだ。

ポジティブな人ほど普段からリラックスしているので、全体を見渡す余裕があり、そこここにあるチャンスに気づきやすい。なので、不安を遠ざけ、冷静に場を見極めることが、運とチャンスを呼び込む最初のステップになるのだ。

2.試行回数を増やす

大切なのは、刺激と変化と成果を求めて、小さな実験を繰り返していくこと。試行回数を増やすことが、幸運のやってくる可能性を高めるのだ。コツコツやることの大切さは2つある。実力をつけることと幸運を待てること。

3.気づく力を鍛える

試行回数を増やし、幸運のタイミングを逃さず、運をつかむために必要なのが、気づく力である。運のいい人、悪い人を分けているのは、目の前にあるチャンスに気づくか、気づかないかの違い。

訪れるチャンスの数は同じで、気づいて行動に移せたか、移せなかったかの違いだけが結果を左右しているのだ。不運だと思っている人にも、実はチャンスは訪れているのである。

運とはスキル、知識のようなもの、とDaiGo氏は言う。

漠然と神頼み的な運に頼るのではなく、運を操ること。少なくとも操ろうと努力することで、運気は自分に味方するようになるということだろう。

金運、健康運、仕事運、恋愛運と、人それぞれ欲しい運気は違うだろうが、本書で明かされているDaiGo氏の運気操縦術は、知っておいて損はないのではないだろうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

将来、「えらい人」はいなくなる? 今を生き抜くための哲学

研修や教育で人は育たない!中小企業に効果的な人材育成の仕組みとは?!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy