ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス発のトレーラーハウス「Utopia」が超コンパクトでおしゃれ!

一軒家を買いたいけれど、高くて手が出せない。あるいは、土地にしばられるのは抵抗がある。そんな人にとって、トレーラーハウスは有力な選択肢だ。

欧米では、日本よりトレーラーハウスが充実していて、おしゃれなものも多い。今回は、フランスのスタートアップBALUCHONが手がけた「Utopia」を紹介しよう。コンパクトながらスペースをうまく活用しつつ木材をふんだんに使い、気の利いたデザインでいかにも快適そうだ。

・寝室はダブルベッド

車で牽引できるUtopiaは、長さたったの6メートル。しかし開発元によると、カップル2人が十分に暮らせる居住空間という。

入り口の扉を開けると、リビングが広がる。ソファやカウンター式テーブルがあり、その奥にキッチンやトイレ・シャワーがある。

リビングにある小さな階段をのぼるとロフトがあり、そこが寝室。ロフトなので天井が近くに迫っているが、ベッドはダブルサイズだ。

・大きな窓で開放感

目をひくのが、木材をふんだんに使った内装。テーブルはもちろん、キッチンカウンターや階段、天井とあらゆるところに木材を使っていて、木ならではの温もりが漂う。

また、入り口とは別に大きな窓があり、開放感があるデザインになっているのもポイントだ。光を十分に取り込むことができるので、晴れた日は照明はいらなさそう。

ロフトへの階段の下に小物を置けたり、窓の上に本棚があったりとスペースを上手に使っているのもセンスを感じさせる。

Utopiaの価格は発表されていないが、Utopiaの前モデルは4万2500ユーロ(約556万円)で、それに近い額での販売となることが予想される。多くの人にとって憧れのマイホーム。これなら手が届きそうだ。

BALUCHON

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy