体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水族館のエイリアン!? “タカアシガニ”は家庭で調理できるのか?

どうもどうも~バカで~す! 裏社会のことを全然やってない裏社会ライターの丸野裕行でっす!

水族館でよく見るあいつ!
ガラス越しに見るから平気だけど、実際に目の前で見ると気持悪い虫みたい。
そうです、水族館のエイリアン“タカアシガニ”って正直グロいし、食べてみたいとは思わないものですよね。
しかし、丸野家は、水族館に行くと泳ぐ魚を食材としてでしか見られないほど、食いしん坊なんですよね!

そうです! 『スーパー食いしん坊』なんです! どうもビッグ錠です!

何で売っているの?

でも、タカアシガニなんて魚屋なんかにも売ってないし……

って、売ってたよ! デカい! ただならぬ威圧感! ほかの魚がかすんで見える! しかも破格の2,000円って……。

馴染みの魚屋さんに「これってどうやって食べるんですか?」って聞いてはみたけど、おやっさんも知らないそうです。

ネットで検索してみると、プロの職人や料理屋が調理するとウマいらしい……

「とりあえずオマケしとくから食べてみてよ」ってんで、口車に乗せられて、買っちゃいました! しかも売れないから1,500円でいいということで……。こんなド素人がどこまでの調理ができるのか不安だが……。

「いやぁ、オレは虫嫌いだから、蟹とか気持ち悪いんだよ。これなんか、本当は触りたくないんだよ」と言いながら、袋に入れてくれるおやっさん。それ、客に言うことかよ?

とにかく重い! 車のラゲッジスペースに積んでみたけど、すごい違和感……。ヤ〇ザが〇体を積んでるみたいに、ラップでぐるぐる巻き。

どのくらい大きいかというと、息子(4歳)と比較してもほぼ同じか、むしろ大きい感じ!

いやぁとにかく気持ち悪い。

調理していこう

家族の誰も触れないので、取材で死体を見ても平気な僕がさばきます。なんと生なんですよね。

こんな大きさになっても、脱皮したてなのか、ちょっと甲羅が柔らかいのが、さらに気持ち悪い。

はい、かにざんまい! 本当にこんな調理法で合っているのか、わからないけど……かにざんまい! すべての足を胴体から取り外し、バラバラ〇体に! 井之頭公園に捨てにはいきません。

とりあえず、脚は置いておいて、胴体を蒸すことにしましょう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。