ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】本田圭佑も参加!世界のセレブをとりこにするデジタルコミュニケーションアプリ「escapex」の魅力に迫る

新時代のデジタルコミュニケーションアプリとして、海外で話題の「escapex(エスケープエックス)」。その日本版が、いよいよ今春始動する。

最大の特長は、憧れのスターやセレブを、より身近に感じられるところ。過去3年間ですでに、ジェレミー・レナー、マーク・アンソニー、アグネス・モニカ、アシュレイ・ティスデイル、サニー・レオーネなど、100名以上のセレブが参加。まだまだ成長が期待できる、注目サービスだ。

日本における独占パートナー契約をつかんだのは、2015年設立のW TOKYO。女性をターゲットに、数多くのプロモーション・メディア事業を展開してきた同社がなぜ、本アプリ配信に至ったのか?escapex広報担当の橋本 若奈(はしもと わかな)氏に、話を聞いた。

・新時代のデジタルファンクラブアプリ

Q1:「escapex」とは、どんなアプリなのでしょうか。初めての人のために、詳細について教えてください。

“新時代のデジタルファンクラブアプリ”です。今までになかった新時代のコミュニティーを、提供致します。一番の特長は、ファンが配信者(タレント)に認識されるようになるところです。アクティブにアプリを使用すれば、無料スターを獲得します。あるいは、課金して、スターを多く獲得することも可能です。

多数のソーシャルメディアに存在するファンを、1つに取りまとめることもできるので、ファンにとって、SNSを使用しやすい環境となります。

Q2:日本で配信するに至った経緯について、お聞かせください。

海外では、ジェレミー・レナーやマーク・アンソニーなど、世界中で大人気のハリウッドスターが「escapex」を利用しており、フォロワーも順調に伸びています。(そんな流れに反して)日本は、ガラパコス状態でした。

普段、当たり前のように活用しているSNSでマネタイズできるという、配信者にメリットのある、今までになかった新しい仕組みを、日本で普及させたい。そんな思いから、配信に至りました。

・国内第1弾は本田圭佑選手

Q3:本アプリの登場によって、SNS(コミュニケーションサービス)は、どのように変わっていくのでしょうか。

(「escapex」と他のSNSとの違いは)“次世代の参加型コミュニティー”として、活用できるという点です。

「escapex」は、単にスクロールして見るSNSではなく、自ら参加して、コミュニティーを一緒に創造していく場になっております。(従って)配信者だけではなく、その場に集まるファン同士が、次々につながっていくことができます。

Q4:今後の展開について、教えてください

現在、海外で勢いが止まらない「ecapex」を、日本でも広げていきたい、と思っています。

国内第1弾は、プロサッカーの本田圭佑選手から始まります。先日実施されたコンテストでは、トップファン2人が、メキシコでの試合観戦と、本田選手に会える権利を獲得しました。第2弾、第3弾は、ここでは発表できませんが、今後の展開にご注目ください。

ユーザーエンゲージメントとともに、配信側の収益最大化も実現できる本アプリ。ちなみに、今回本田選手が得た収益は、昨年夏に訪問したインドネシアの孤児院へ、寄付する予定だそう。チャリティ基金を気軽に集められるところも、セレブに愛される理由の1つと言えるだろう。(取材・文 乾 雅美)

escapex

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。