体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタ スープラが復活か!? GRのコンセプトが展示されたジュネーブ・モーターショー2018で注目の日本車たち

▲日本車メーカーも、あの往年の名車が復活したり、次期モデルを示唆するスタディモデルを発表したりと、華々しい印象が強かった

▲日本車メーカーも、あの往年の名車が復活したり、次期モデルを示唆するスタディモデルを発表したりと、華々しい印象が強かった

スープラが復活! 他にも見どころが満載の日本車ブース

スイスのジュネーブで毎年春に開催される、世界5大モーターショーのひとつが、ジュネーブモーターショーだ。正式な名称は、サロンアンテルナショナルドロト。

日本車ブースでは、あのスープラが復活。他にも次期レヴォーグを示唆するスタディモデルのが発表されるなど、華々しい印象だった。

▲トヨタは、2002年に生産終了した、スポーツカーのスープラをイメージした、レーシングカーのスタディモデル、GRスープラ レーシングコンセプトを世界初公開させた。ロングノーズ、ショートデッキという文法通りのスタイリングは、かっこよかった

▲トヨタは、2002年に生産終了した、スポーツカーのスープラをイメージした、レーシングカーのスタディモデル、GRスープラ レーシングコンセプトを世界初公開させた。ロングノーズ、ショートデッキという文法どおりのスタイリングは、かっこよかった

▲トヨタが欧州でいちばん熱い、Cセグメントハッチバック市場で勝負する、オーリスが2代目へとフルモデルチェンジした。新世代プラットフォーム「TNGA」が採用され、2種類のハイブリッドシステムも用意される。欧州市場での巻き返しはなるか

▲トヨタが欧州でいちばん熱い、Cセグメントハッチバック市場で勝負する、オーリスが2代目へとフルモデルチェンジした。新世代プラットフォーム「TNGA」が採用され、2種類のハイブリッドシステムも用意される。欧州市場での巻き返しはなるか

▲レクサスが、人気カテゴリーであるコンパクトSUV市場に投入したモデルがUXだ。2016年のパリショーでコンセプトモデルは発表されていたが、ここジュネーヴで市販版がお披露目された。ライバルに負けないスタイリッシュな意匠が与えられている

▲レクサスが、人気カテゴリーであるコンパクトSUV市場に投入したモデルがUXだ。2016年のパリショーでコンセプトモデルは発表されていたが、ここジュネーブで市販版がお披露目された。ライバルに負けないスタイリッシュな意匠が与えられている

▲日産は、ルノーから引き継ぎ、フォーミュラE選手権への参戦を発表。その参戦マシンのカラーリングをジュネーヴで発表した。来シーズンのレギュレーションでは、新たなシャーシとバッテリーが搭載され、従来のようにレース中での乗り換えはなくなる

▲日産は、ルノーから引き継ぎ、フォーミュラE選手権への参戦を発表。その参戦マシンのカラーリングをジュネーブで発表した。来シーズンのレギュレーションでは、新たなシャシーとバッテリーが搭載され、従来のようにレース中での乗り替えはなくなる

▲マツダはジュネーヴで、6ワゴン(日本名、アテンザワゴン)の改良モデルを発表。セダンは2017年秋のLAモーターショーで発表されたが、ワゴン版もセダンと同様の変更が施されていた。従来型より凛々しくなったフロントフェイスが印象的だった

▲マツダはジュネーブで、6ワゴン(日本名、アテンザワゴン)の改良モデルを発表。セダンは2017年秋のLAモーターショーで発表されたが、ワゴン版もセダンと同様の変更が施されていた。従来型より凛々しくなったフロントフェイスが印象的だった

▲三菱はアウトランダーPHEVを大幅進化させ、ジュネーヴに持ち込んだ。プラグインハイブリッドEVシステムは、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、約9割のコンポーネンツに手が加えられている。4WDシステムも改良されている

▲三菱はアウトランダーPHEVを大幅進化させ、ジュネーブに持ち込んだ。プラグインハイブリッドEVシステムは、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、約9割のコンポーネントに手が加えられている。4WDシステムも改良されている

▲スバルは、VIZIVシリーズのツアラーモデル、VIZIVツアラーコンセプトを初公開。ワゴン形状であることから、次期レヴォーグを示唆するスタディであることは明白だ。フロントウインドウ上部にポチッとつけられているのは、アイサイト用のステレオカメラ

▲スバルは、VIZIVシリーズのツアラーモデル、VIZIVツアラーコンセプトを初公開。ワゴン形状であることから、次期レヴォーグを示唆するスタディであることは明白だ。フロントウインドウ上部にポチッとつけられているのは、アイサイト用のステレオカメラtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる
日産 マーチ12SRの中古車を見てみる
絶滅危惧車のBMW 5シリーズ(E34型)を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。