ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蔵馬の『フラワーディフューザー』誕生!<ローズ・ウィップ>と<シマネキ草>どちらを飾る?[オタ女]

昨年TVアニメ化25周年を迎え、また盛り上がりをみせている『幽☆遊☆白書』から、植物を操り戦う蔵馬が作中で使用した魔界の植物“シマネキ草”と、バラを変化させた鞭“ローズ・ウィップ”をイメージしたお部屋用フレグランスアイテム『フラワーディフューザー』が誕生。予約を受付中です。

蔵馬のシマネキ草

“シマネキ草”は、蔵馬が闘いの中で人間界へ召喚した魔界の植物。敵の身体に“シマネキ草”のタネを植え込み、ある一言を発することで爆発的に開花させ攻撃をします。暗黒武術会編で蔵馬がこの技を用いたとき「皮肉だね 悪党の血の方が きれいな花が咲く」という名台詞を生み出しました。

フラワーディフューザーでは、美しくも残酷な蔵馬の一面を象徴するかのような花を、オリジナルのイミテーションフラワーで再現。フレグランスは「アイロニーフラワーの香り」で、洗練されたダージリンティーのトップに、幾重にも咲き誇るバラをイメージした香り等が感じられるオリジナルブレンドです。

ローズ・ウィップ

蔵馬の代表的な武器である、バラの花を変化させた鋭い切れ味を誇る鞭「ローズ・ウィップ」をイメージし、使用時に周囲にバラの香りが満ちるという特徴をフラワーディフューザーとして表現。香りは「クリムゾンローズの香り」で、真紅のバラの花にムスクやアンバーを調合しています。

蔵馬が岩石の身体を持つ敵・玄武との戦いの中で放った名台詞「バラの香りで洗われたこの部屋で 貴方の妖気はひどく臭う」を再現して楽しむことができるアイテムです。

2種類とも、イミテーションフラワーで飾られたスティック(計6本)が香りの配合された液体を吸い上げ、お部屋に香りを広げます。

また、商品ボトルにデザインされた振り向き姿やバラを構える姿の蔵馬のイラストは、どちらも今回のアイテムのためのオリジナル描き下ろしイラスト!

蔵馬の優雅な香りでお部屋を満たしてみては?

商品名  :フラワーディフューザー
       蔵馬のシマネキ草/ローズ・ウィップ
価格   :各3,240円(税込/送料・手数料別途)
容量   :120ml
サイズ  :約W69×H240×D69mm
全成分  :香料、精製水、活性剤、アルコール
生産国  :ディフューザー液…日本、その他…中国
販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他未定
予約期間 :2018年3月28日(水)13時~準備数に達し次第終了
商品お届け:2018年7月予定

商品ページ:

http://p-bandai.jp/item/item-1000124291/?rt=pr

幽☆遊☆白書 TVアニメ化25周年記念サイト:
http://pierrot.jp/yuhaku25/[リンク]

(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy