体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャラと中の人はそっくり!?『HUGっと!プリキュア』引坂理絵・本泉莉奈・小倉唯インタビュー

2月4日より放送がスタートした“プリキュア”シリーズ15年目の最新作『HUGっと!プリキュア』。3月17日からは恒例の春映画『映画プリキュアスーパースターズ!』も全国上映中!

今回は新プリキュアになったばかりの3人、キュアエール(野乃 はな)役・引坂理絵さん、キュアアンジュ(薬師寺さあや)役・本泉莉奈さん、キュアエトワール(輝木ほまれ)役・小倉唯さんにインタビュー。

プリキュアに出演が決まったときの気持ちや先輩プリキュアからのアドバイスなど話を伺ってきました!

最初はごはんが食べられないくらい緊張!

――プリキュアに出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

引坂:マネージャーさんから連絡が来て受かったと聞いた時、まさか私が受かるなんて!と。自分含め誰も想像していないことだったので、ビックリしすぎて言葉にならないという経験を人生で初めてしました。プリキュアだってことをだんだん理解できるようになってくると、今度はプレッシャーが押し寄せてきました。それが収録が始まってもなかなかとれない日々が続いています(笑)。でも、プレッシャーと同時に、15年続いている誰もが知っている作品に関われることはとても素晴らしいことだし、光栄に思います。

本泉:私は今回のオーディションが“プリキュア”2回目で。前作も受けさせていただいたんですが、前回は本当にもう緊張しすぎて頭が真っ白になってしまって。正直何もやりたいことができなかった状態で後悔しかなかったんですけど、今回の『HUGっと!プリキュア』でも挑戦する機会をいただいて、前回より悪くなることはもうないな、ってある意味開き直るくらいの気持ちで挑めたので、感慨深いところがありました。「受かったよ」って報告をいただいたときには、現実じゃない夢のような、本当にふわふわした実感も何もないまま過ごしていたんですが、みなさんとお会いしてキュアアンジュ(さあや)としての声を録っていただいて初めて「あ、本当に私でいいんだな」ってほっとした部分もあって。その回数をアニメ本編で重ねていく内に、どんどんさあやの知らなかった部分が今見えてきているところなので、どう魅力的に見せて、作品を盛り上げていけるか考えて臨んでいます。

小倉:私は今回初めて“プリキュア”のオーディションに参加させていただいたので、テープ選考の段階では全然わからなかったのですが 、スタジオオーディションに進んだ時に、初めて“プリキュア”の伝統あるオーディションのやり方に触れて。他の作品とはまた一味違った、雰囲気が厳かというか、伝統ある感じの緊張感がとてもあって。オーディションではあるんですけど、今回の作品についてのお話とかキャラクター性を改めて監督さんやシリーズ構成の方からご説明いただき、本当にオーディションとは思えないほどすごく丁寧に収録していただけるようなオーディションだったので、そういった部分で驚きと緊張もありで、いつもよりもすごく緊張してしまって、自分の力が出し切れたか不安ではありました。

やっぱり“プリキュア”ということで小さいお子様が見る作品でもあるので、少し気持ちの部分で何か伝えられるものがあればいいなという思いで、役に挑ませていただきました。オーディションではエトワールとエールも受けさせていただいて、どちらも緊張してしまって、「大丈夫だったかな」と不安を残しながら終わったオーディションではあったんですけど、気持ちはぶつけたつもりでいたので、結果を聞いて、まさか本当にプリキュアになれる日が来ると思わなかったので、しばらくは、「え、本当にプリキュアなのかな? ドッキリとかじゃないよな?」みたいな感じでずっと確信が持てない日々が続いて(笑)。でも収録がどんどん進んでいく中で、ようやく「自分もプリキュアとして今はもう自信を持って演じないと逆に失礼だな」という思いに変わってきました。今回も映画で参加させていただくこともあり、先輩プリキュアさんたちの背中を見ながら、伝統ある作品を今度は私達が受け継いでいく番なんだな、と感じているので、最後まで責任をもって、そして楽しく演じられればいいなと感じています。

――今収録も進んで実感は?

引坂:ひしひしと実感が募っていっています(笑)。オリジナル作品なので、少しずつキャラクター性が見えてくるところもあるんです。表面で見えていた部分が、進むと「あ、この子もしかしたら元気なだけじゃないのかもしれない」という要素が見えたり、シリーズ構成の坪田さんや監督からアドバイスをもらったときに、「もしかしたら自分の見方はちょっと違うのかもしれない」と感じて、新たな一面に気づいたりすることもあったので、話が進むにつれてキャラクターがどんどん濃くなっていっている印象があります。

――本編の方の収録は今どれくらいですか?

本泉:6話まで録りました。

――チームワークは培われてきましたか?

本泉:徐々に……。最初の頃は、本当にバラバラで全然合わなくて。「せーのっ」て言っていても合わなくて。

小倉:もう、どうしようってね(笑)。はなちゃん(引坂)も緊張してごはんが食べられなかったもんね。

引坂:今ようやくちょこっとごはん食べられるようになりました(笑)。

小倉:よかった~。スタッフさんもすごく場を和ませてくれようとして。「はな~?ちょっと力抜いていいよ~。はい、深呼吸」みたいな。

本泉:スタッフさんからも、毎回温かい言葉でディレクションいただいて。私達も委ねるというか、それに応えていこう!って思える。本当にありがたい現場です(笑)。

引坂:ありがたい……(笑)。私達を見守る父と母のような温かい現場です。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。