ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Akiko Kiyama and YOSHIROTTEN

neol_kiyama_yoshirotten | Photography : Satomi Yamauchi

ドイツ、日本を拠点に活動し、リッチー・ホーティン、ジャイルス・ピーターソンなど世界のトップDJから高い評価を得てきた電子音楽アーティスト=Akiko Kiyama。その最新作は、NYやベルリン、シドニーなど国境を越えて活躍するグラフィックデザイナー/アートディレクターYOSHIROTTENとのコラボレーションによるサウンド&アートピース作品“JABARA”。「日本古来の音楽を再解釈する」というテーマのもと、Akiko Kiyamaが和楽器を素材に邦楽の音楽構造を現代的手法で再構築。この楽曲に触発されたYOSHIROTTENが、5面屏風構造の鋭利なヴィジュアル作品とソノシートによる蛇腹型アートピースを創作。サウンド、ヴィジュアルの先端表現を走る2アーティストによるコラボレーション作品となった。3月23日の本作の発売を前に、現在開催中のYOSHIROTTENの個展“FUTURE NATURE”の会場にて対談を敢行。独自の視点が交錯し、刺激を生み合う、創作とはなんたるかの本質がうかがい知れる対話となった。

——お二人は元々お知り合いだったんですか?

YOSHIROTTEN「知ってはいましたが面識はなくて、JABARA RECORDSの原田さんの紹介で初めてお会いしました」

Kiyama「2年くらい前に原田さんから和楽器を使った音楽を現代風に再構築してみないかとお話をいただいたんです。そこでYOSHIROTTENさんをご紹介いただいて」

——それが今回のプロジェクトのスタート地点となったわけですね。Kiyamaさんは和楽器や華道、茶道など日本の伝統文化にも触れられていますが、一方YOSHIROTTENさんはあまり日本文化に影響の受けていない印象で、“JABARA”は新鮮でした。

YOSHIROTTEN「そうですね、自分の作品ではそこまで日本にはこだわっていないというのはあります。聴いてきたのも海外のアーティストが多く、自分自身も日本人だからという意識もなくて。今回“日本”というテーマを提示されて、自分なりにどういうところを持っていこうと考える初めてのきっかけになりました」

——考えてみて、どういったものが日本のキーワードとして思い浮かびましたか?

YOSHIROTTEN「“JABARA”のアートワークを自分がやるうえで、和というもののイメージとして出てきたのは屏風でした。昔からある日本の絵を見せるディスプレイ形式であり、独自のもので、空間があっての屏風というものが音楽にもハマるんじゃないかというところからの発想です。さらに音をもらって、聴きながら考えたものがああいった風に落とし込まれていった感じです。だからちょっと竹っぽい色味になっていたり、そんなにサイケデリックではない、和っぽい色味に自然となっていたのではないかなと思います。透明のソノシートというのも良いですよね」

Kiyama「ありがとうございます。アートワークが蛇腹で出来上がってきて、その邪魔にならないようにと考えました」

——音楽先行だったということですが、音はいつ頃に出来ていたのですか?

Kiyama「全部で約6曲作ったんですが、今回収録したものに関しては主に2015年の夏に作っています」

——アートワークもですが、音自体も和楽器を用いつつも、いわゆる伝統的な和の音楽というよりはモダンな解釈ですね。

Kiyama「そこは意識しました。和楽器の奏者の方に演奏してもらったものを録音しているのですが、もちろんその方々のほうが和楽器の特性はご存知なので、こうやったらこういう音が出るなどという方法を教えていただいて、それはそのまま取り入れたりしています。チューニングの部分をそのまま入れたりもしていて。ただ、本作では和の旋律より、”間”のほうを意識して作っているんです。例えば『いっせーのせ』でジャーンと弾いても大体ずれるというのが和の音楽なので、そういった点ですね。音楽も色々なテンポや音の伸縮のものを混在させているのですが、屏風は伸縮、畳み方などで見え方が全く違ってくるものだし、”間”がアートワークでも表現されていて、嬉しかったです」

neol_kiyama_yoshirotten1 | Photography : Satomi Yamauchi

——話し合いではなく、共通の“間”に辿りつくというのはすごい。改めて、Kiayamaさんから見たYOSHIROTTENさんの作品の特徴をおうかがいさせてください。

Kiyama「日本の作家さんは良い意味で儚い感じが多い印象ですが、YOSHIROTTENさんは淡い色は使うけれど線や形は強いので、そこが好きです。迷いがないというか。迷ってごまかす綺麗さもありますが、ビシッと決まっているところがはっきりしていて好きです。あと、世代も同じなんですよね。UKが面白い時期に思春期を過ごしていて。10代の時の影響は果てしなく深く切り刻まれているので、そのあたりで強く影響を受けたものが似ているのかもしれないですね」

YOSHIROTTEN「僕もパンクロックや70年代のUKなどが一番根底にあると思います」

Kiyama「アートワークもそういった影響がわかる気がします。ただ、私は大元はヴィジュアル系ルーツで、LUNA SEAの大ファンというところからUKに入っていった口なのですが(笑)」

YOSHIROTTEN「その話でめっちゃ盛り上がりましたよね(笑)。先日LUNA SEAのジャケットをやらせてもらったので一番に言わなきゃと思って」

neol_kiyama_yoshirotten3| Photography : Satomi Yamauchi

——(笑)。YOSHIROTTEN さんはNINJA TUNEともお仕事されていましたし、Kiyamaさんとの親和性が高いのも頷けます。“JABARA”も展示されていましが、今回の個展はどうご覧になりましたか。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。