体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラブリさんが、松山旅の魅力とおススメスポットを紹介!

愛媛県松山市出身のラブリさんが、昨年就任した「いい、加減。まつやま」応援団 特別団員として、松山を旅する方のために、松山の魅力と最新のおススメスポットを紹介してくれました。
Photo1
松山市は、旅行サイトが毎年発表している「おんな一人旅に人気の温泉地ランキング」において、4年連続で1位。環境省・観光庁後援の「温泉総選挙2016」でも女子旅部門第1位を獲得するなど、女子旅の聖地として熱い視線を集めています。女子だけでなく、旅好きな方に役立つ松山の最新情報を紹介します。
<週末1泊2日で、満足できる旅を楽しめるワケ!?>まず、松山の人気の秘密は、瀬戸内海の温暖な気候、アートや伝統文化に触れることができ、車がなくても移動が便利。松山空港から市内中心部へは、バスで約20分と全国屈指の利便性!
また路面電車や坊っちゃん列車で市内を巡ることができ気軽に旅が楽しめるコンパクトシティだということ。週末の1泊旅行でも十分に楽しめる街です。
そして、3000年の歴史を誇る道後温泉。有馬温泉(兵庫)・白浜温泉(和歌山)と並ぶ日本三古湯の一つ。泉質はアルカリ性単純泉、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容に適しており、現在、「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」「道後温泉 椿の湯」という3つの温泉施設があり、どの温泉も加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。
Photo2 「道後温泉本館」・道後オンセナート作品(蜷川実花氏の道後温泉本館を使った大規模なインスタレーションが夕刻から楽しめます。/2018年5月31日まで)
Photo12「道後温泉 椿の湯」は、椿をシンボルとした
松山市民の「親しみの湯」
今でも生活には欠かすことのできない公衆浴場です。
<遊んだ後に〆ラーメンではなく、〆温泉!!>松山市民は、誰でも温泉好き。ラブリさんも当然、温泉大好き。ナント!1週間の内、自宅の浴室に入るより地元の温泉に行く方が多かったとか。「みんなMY温泉がありますよ」「しかも、友人と松山で遊ぶ場合には、〆に温泉に入る習慣がありますよ!」とラブリさん。

市内には、天然温泉の銭湯も多数あり、宿の温泉も充実しています。さすがに温泉の街。
ディナーやカラオケの後に、〆にラーメンでもなくアイスクリームでもなく、みんなで〆温泉。
是非、試してください!!
Photo9道後温泉本館にある皇室専用浴室の又新殿を再現した
「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」の特別浴室。家族や友人と入浴できる貸切風呂。
<松山の注目スポットは、“道後”と“三津浜”>道後温泉がある道後エリアは、「道後オンセナート」というアートイベントを開催中。※4月14日グランドオープンし、来年2月まで開催。
写真家の浅田政志さんなど国の内外で活躍するアーティストおよそ25人が、道後温泉本館や周辺を鮮やかでエネルギッシュな装いに演出し、訪れた人を夢中にさせます。

現在、プレオープン中の道後オンセナートの会場を巡ったラブリさんは、「美術館は観るだけだけど、松山は歴史と組み合わさったアートが街にあふれていて、作品の中に参加して体感することができて楽しいですね。」と松山とオンセナートの魅力を語ってくれました。
Photo4一室が一冊の恋愛辞典のように描かれている
イラストレーター宇野亞喜良氏の作品(作品タイトル「恋愛辞典」/
オールドイングランド道後山の手ホテル)
Photo5道後温泉駅前の道後商店街(通称道後ハイカラ通り)には
地元中学の野球部男子生徒を撮影した
梅 佳代氏の大きなバナー作品
Photo6道後ハイカラ通り通りの入り口にある道後観光案内所には
イチハラヒロコ氏の「恋みくじ」
<散策には、最高の三津浜エリア>松山市中心部や松山空港から約20分程度で訪れることができる、伊予鉄道高浜線「三津駅」付近の三津浜エリアは、古くて新しいスポット。
松山市の西部に位置する三津浜は、戦災を免れたため、伝統的な町屋の家並みに白壁の蔵や古い洋館などが残っており、ノスタルジックな魅力にあふれています。

また、近年は古民家等を改修したカフェや雑貨店も増え、散策にはとても楽しいエリア、女子旅にはおススメの穴場スポットです。
久しぶりに訪れたラブリさんも驚き、散策や雑貨店でのお買い物などを楽しんだそうです。
Photo21
Photo19
Photo20
<おススメは、昔ながらの中華そばやさんと夕陽が映えるカフェ>ラブリさんが小さな頃から通ったという中華そばの高見屋さん。午後2時頃には、いつも中華そばが売り切れてしまうという人気店。
ラブリさんは、おいなりさんと中華そばのセットがお気に入りだそうです。
Photo14
Photo15
三津浜エリアから少し北、伊予鉄道高浜線「梅津寺駅」の近くにある「ブエナビスタ」は、ラブリさんが10代から通っていた目の前が海岸のおしゃれなカフェ。
現在、改装中で4月にリニュアルオープン予定。テラスから眺める夕陽と風が心地よいお店です。
Photo17
Photo16
是非、この春は、松山の旅を満喫してください。

【道後エリア】 最寄り駅:伊予鉄道 市内電車 「道後温泉駅」 ・「道後温泉本館」 「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」 「道後温泉 椿の湯」 詳しくは、https://dogo.jp/ をご覧ください。 
・「道後オンセナート」 詳しくは、 http://dogoonsenart.com/ をご覧ください。

【三津浜エリア】 最寄り駅:伊予鉄道高浜線「三津駅」 ・「高見屋」 松山市元町8-45 TEL:089-951-0883
【梅津寺付近】 最寄り駅:伊予鉄道高浜線「梅津寺駅」 ・「ブエナビスタ」※4月再オープン予定 松山市梅津寺町1329 TEL:090-5916-9101

【Nicheee!編集部のイチオシ】

・郡山にある究極のフォトジェニックスポット、知ってる?4月にしか見られない郡山の桜の絶景4選!
・焼きそばイタリアンにお米も! LCCピーチが「新潟」の味を機内販売
・【ニュージーランド】 首都ウェリントンは「風」と「映画」の街

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。