体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毒ヘビと“にらめっこ”でビビりまくりロック様! 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』本編映像

%e3%80%8e%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%80%8f%e7%8d%a3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba_r

学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が、呪われたTVゲーム「ジュマンジ」を偶然にも発見。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれてしまい、キャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまってさあ大変! ロック様ことドウェイン・ジョンソン主演の究極の体感型アトラクション・アドベンチャー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が、4月6日(金)より日本公開となります。

22年前の1996年3月20日に、故ロビン・ウィリアムズが主演する前作『ジュマンジ』が日本で公開。当時最先端だったCG技術が駆使された圧倒的な映像技術により、街中を暴走するサイ、ゾウといった動物達の姿が描かれ、大人も子供もワクワク・ドキドキの興奮を味わい、日本でも大ヒット。筆者も大好きな映画です。

また奇しくも3月20日は、日本最初の動物園であり、パンダのシャンシャンフィーバーに沸く、「恩賜上野動物園」開演記念日! この2つの記念日に便乗して、本編映像を解禁します。

今回到着した映像は<ジュマンジ>の世界に入り込んでしまい、見た目も中身も違うキャラクターとなり、ステージ攻略を目指す4人の高校生達が映し出されています。

■『ジュマンジ』本編映像:毒ヘビにビビる、ドウェイン・ジョンソン&ジャック・ブラック!
https://www.youtube.com/watch?v=Ad-NK3sJghA

中身はゲームオタク/見た目はマッチョ(ロック様)という入れ替りを果たした、勇敢で無敵なムキムキ冒険家・ブレイブストーン博士が、怪しげな蓋を持ち上げると毒ヘビ・ブラックマンバが突如して襲い掛かる! ステージ攻略の為のヒント”互いを信じ、まばたくな”という言葉を基に導かれたポイントとなり、必ず対峙しなければいけない凶敵……。見た目のギャップ激しいビビビリ方をするロック様の姿にクスリと笑ってしまいますが、ブラックマンバを倒すために皆でアイディアを振り絞る事に。

中身はイマドキJK/見た目はデブオヤジの地図専門家・オベロン教授が、ヒントの言葉から「”にらめっこ”をするのよ」と提案すると、一刻も争う事態からかブレイブストーン博士も、その奇抜なアイディアを信じる事に。 “にらめっこ”の相手役を募ると、皆渋い顔見せる中、「アタシ、眼力あるの」と言いオベロン教授が名乗り出ます!

本作で登場する獰猛な動物キャラクターはヘビの他にも、”人を一口で飲み込むカバ!”、”大群で追いかけてくるメガトン級サイ”、”目もくらむほどの速さで襲いかかるジャガー”、”猪突猛進・巨大なゾウ”といったジャングルならではの動物達が登場! 前作で登場したサル、コウモリ、ライオン、シマウマといった動物達にも引けをとらない、難敵達が高校生4人の前に立ちふさがります。動物好きなフレンズも映画館に集合だ!

【関連記事】ドウェイン・ジョンソンが子供時代を語る「12歳くらいまでは女の子に間違えられるわ、ニキビは出来るわ大変だったよ」
https://getnews.jp/archives/2023030 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。