ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“オカルト否定派”学者は超常現象を解き明かせるか? 心霊検証ホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』日本公開[ホラー通信]

「この世の中に幽霊はいない!」

そう断言するオカルト否定派の心理学者が、誰も解き明かせなかった3つの超常現象のトリックに挑むうち、想像だにしない恐怖を体験するホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』が日本公開。

<STORY>
心理学者のフィリップ・グッドマン教授は、イギリス各地でニセ超能力者やニセ霊能者のウソを暴いてきた。ある時グッドマンは、長らく行方不明になっていた憧れのベテラン学者・キャメロン博士から、「自分ではどうしてもトリックが見破れない」という3つの超常現象を調査するよう依頼を受ける。

初老の夜間警備員、家族関係に問題を抱える青年、妻が出産を控えた地方の名士……3人の超常現象体験者に話を聞いてトリックを暴くため、グッドマンは旅に出る。しかし、そこで彼を待っていたのは、信じがたい怪奇現象の数々と想像を絶する恐怖だった……。

映画の元となったのは、大のホラー映画マニアであるアンディ・ナイマン&ジェレミー・ダイソンが手がけた舞台『ゴースト・ストーリーズ』。舞台は本国イギリスでスマッシュヒットを記録し、その後もトロント・上海・シドニー・モスクワと世界ツアーが行われ、累計100万人以上の動員を誇る。当の2人が映画版でも監督・脚本を務めており、アンディは主人公の心理学者役も務める。

『SHERLOCK/シャーロック』『ホビット』シリーズのマーティン・フリーマンや、ポール・ホワイトハウス、アレックス・ローサーら英国屈指の実力派&新鋭キャストが脇を固めているのも見逃せない。

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて7/21(土)より全国順次公開。どうぞ、お楽しみに。!

作品概要

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』
監督・脚本:アンディ・ナイマン&ジェレミー・ダイソン
原作:「ゴースト・ストーリーズ」byアンディ・ナイマン&ジェレミー・ダイソン
出演:マーティン・フリーマン『ホビット』シリーズ / アレックス・ローサー『イミテーション・ゲーム』/ポール・ホワイトハウス『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 / アンディ・ナイマン『アイヒマン・ショー』 / ジル・ハーフペニー「ヒューマンズ」
2017年 / イギリス / 英語 / 98分 / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:GHOST STORIES / 日本語字幕:ブレインウッズ
(C) GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。