ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE 夏の魔物、ツアー初日ワンマンで破壊力満点の新曲連発―OTOTOYライヴレポ

THE 夏の魔物、ツアー初日ワンマンで破壊力満点の新曲連発―OTOTOYライヴレポ

3月7日(水)東京・下北沢SHELTERにて、THE 夏の魔物が〈THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物〉の初日公演となるワンマン・ライヴを行い、多くの新曲を交えたセットリストで盛り上げ、ツアー初日を飾った。

“いまだかつてない長尺セットリスト”を宣言していたこともあり、その期待感からか、この日の公演はソールドアウトに。

越川和磨(Gt.)えらめぐみ(Ba)中畑大樹(Dr. )ハジメタル(Key)によるシン・マモノBANDがステージに登場して激しいビートでインストを奏でると、ペンライトを持った魔物チルドレンは一斉に“Hey Hey!”と盛り立てる。そして鏡るびい、成田大致、アントーニオ本多、泉茉里、大内雷電がステージに上がる。「俺たちがTHE 夏の魔物だー!」と、成田の第一声に続く茉里の「みなさん一緒に盛り上がって参りましょうー!」の言葉を合図に始まったのは「バイバイトレイン」。THE 夏の魔物が現在のスタイルになる上で重要な役割を果たしたこの曲は、シン・マモノBANDの演奏で成長し続けているようで、2番のAメロでいったん音数が少なくなってから成田と茉里が向き合って歌い再びバンドが盛り上げていくなど、感情の起伏に寄り添う表現が見られた。

見れば、全員が黒のライダース・ジャケットに白いシャツの新衣装になっている。 より先鋭化していこう、というのが今の彼らなのかもしれない。と思った矢先、2曲目に歌われた新曲「MATSURI GIRL」に仰天。ソリッドなロックンロール路線とは一線を画す、よさこい的な踊りの振りもついた楽曲だ。とはいえ演奏はゴリゴリで、越川のトレモロ奏法やハジメタルの不協和音的なバックの演奏、「息を吸って息を吐いて~」とピースサインをしながら観客を煽る姿が、なんともいえない面白いギャップを生み出していた。オルタナティヴ、と一言では片付けられない、邦楽と洋楽が混ざり合わずにせめぎ合った「これはいったいなんだ!?」という日本独特の曲なのではないだろうか。間違いなくTHE 夏の魔物としては新境地となる曲だ。

イントロ部で新たなアレンジを聴くこともできた「魔物 BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」や「涙。」を歌うと、MCでは成田がマイクを握り、会場がソールドアウトになったことに感謝。そして「僕は長くバンド活動をしているんですけど、“いつかラブソングが歌いたい”と思ったときがあるんです。それは清志郎さんが亡くなった日で(2009年5月2日)。そのニュースを見たときはちょうど自分のライヴ前で、“なんで自分はこんなときにもしょうもない歌を歌ってるんだ”と思って。それで家に帰って、豊洲でやったフジロックに清志郎さんが出たときの「世界中の人に自慢したいよ」の最高の映像があるんですけど、それを観て、“いつか自分もこういうラブソングが歌いたい”と思ったんです。でも何度もトライしたものの身の丈に合ってなかくて歌えなかった。ただ、最近こうして待ってくれている人がいたり、バンドが前に進んだりして、今だったらそういう曲も歌えるんじゃないかって。THE 夏の魔物っていうバンドのピースが揃って、さあ前に進もうっていうときに歌いたいのは、これまでトライしたかったラブソングだったんです。次の曲は、そういう大切な曲です。THE 夏の魔物2ndシーズンの始まりを告げる1曲になるんじゃないかなと思います」とのメッセージから、新曲「しゅきぴ」へ。これが素晴らしい曲だった。メロディアスで、こみ上げるサビにグッとくる曲で、ハジメタルのオルガンに乗せた茉里のラップ調のセリフによる展開も新鮮。THE 夏の魔物による“ミディアムテンポの最高傑作”が生まれたと言っても過言ではないだろう。

続いても、惜しげもなく新曲を披露。ガールズを中心としたコーラスもキュートなポップス「ミックステープ」では魔物チルドレンもペンライトを振って一体化。バンドの演奏では、ピアノとオルガンの音色を巧みに使い分けるハジメタルのプレイが目立ち、こうしたポップスにはかなり重要な役割を果たしている印象だ。越川のブルージーなギターから始まったのは、茉里のソロ曲「わたし」。ドラマティックに内面をさらけ出して歌う茉里のヴォーカリストとしての実力も成長著しい。生バンドでのライヴを続けたことですっかり鍛えられた様子だ。

静かなバラードから一転、アントーニオ本多の作詞曲、「SUNSET HEART ATTACK」で会場は「Oi!Oi!」と一気にヒートアップ。アントンが間奏でフロアに身を乗り出して「下北沢シェルター!俺は今地下室にいるけど、俺の心には大空が…」とシャウトしていると、成田が肩を組んで曲に入る。成田、アントン、大内の魔物ボーイズ3人が並んで“あの日見た夕日を裏切るな”と歌うシーンには、今に至るTHE 夏の魔物の原風景が浮かんできて胸がアツくならざるを得ない。成田がフロアにダイブしながら歌った「恋の天国はケモマモハート」に続き、えらめぐみのベースからヘヴィでダークな新曲「UNDERDOG」へ。“あいつは”“あの子は”等、単純なワードで煽りながら、観客を巻き込んでいく。そして、これまた新曲「日々のあわ」は、これまでの激しい曲の熱をゆっくり覚ましていくスローバラードでチルアウト。『DUG OUT』あたりの後期THE BLUE HEARTSを思わせるしみじみ沁みる曲だった。るびいが煽り、「東京妄想フォーエバーヤング」、イントロから大合唱が起こった「THE 夏の魔物のテーマ」でライヴはクライマックスへ。「西さんがつまびくギターに合わせてみんな“ラララ”って歌ってくれますか⁉」と煽ると、新曲「さよならメモリー」へ。まったくの新しい曲なのに、手拍子とコーラスでメンバー、観客が声を合わせ見事に会場中が一体化となった。

アンコールでは、バンドと共に茉里、るびいがセンターに立つ。となればこの曲、「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」だ。髪を振り乱してダンスしながら歌う2人に白、青のペンライトを振って応える魔物チルドレン。るびいお得意のアジテーションはシェルターというロックな磁場で大爆発。「今まで生きてきて一番デカい声出してください!」と煽ってカオスの頂点へと観客を導いた。暗転してフロアが息をのむ中、高速ビートの「シン・魔物 BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」が始まった。終盤に来て文字通り魂を共鳴させるべく怒涛のスパートをかける9人の演奏と歌は生き急いでいるかのようでこちらの身も削られそうなほど激しい。

成田が「ツアーファイナルを終えたら、7月にシェルター2Daysやります!」とワンマン・ライヴ「SHELTERの魔物 2DAYS~Live or Die~」を7月26日(木)27日(金)に行うことを発表。併せてライヴDVDを発売したこと、3月17日(土)に映画イベントを行うこともアピールした。「あと残り2曲。他に何か言いたいことはないのか⁉」とメンバーに呼びかける成田に対してアントンが呼応。「俺はない! 何故なら、残り2曲で俺のすべてを伝えてやるから!」とカッコよく決めてみせると、るびい、大内、茉里が「同上」とコメント。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。