ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタ開発の人型バスケットロボット「CUE」のシュート精度が人を超えるレベル!?

身長190センチメートル。いかついアルミのボディをバスケットボールのユニフォームで包んだ彼の名前は、「CUE」。トヨタのエンジニアチームが開発した、人型ロボットだ。

・モデルはあの人気漫画の主人公

「CUE」は、正式なプロジェクトではなく、エンジニアたちがスキマ時間に製作したものらしい。人工知能でシュートフォームを学習するようになっている。モデルは、人気バスケ漫画「スラムダンク」の主人公・桜木花道。言われてみれば背丈も体格も、漫画のキャラクターとほぼ同じだ。その彼が、ひょんなことからBリーグ1部アルバルク東京のメンバーを相手に、コートに立つことになった。

ゲームはもちろん、公式試合ではない。選手対ロボットのシュート対決として、チームの練習場で行われた。対戦相手は、アルバルク東京のザック・バランスキー選手と安藤 誓哉選手。1ゲーム10本の勝負とし、先に外したほうが負けとなる。

・プロ選手に堂々と勝利

勝者は、「CUE」。選手ペアが6本目で失敗したのに対し、10本のシュートを1度も外すことなく、すべてきれいに決めたという。選手たちはがっかりしたようだが、そんなに嘆く必要はないように思われる。ロボットはシュートが打てる位置に固定されており、自ら動いてゴールを狙ったわけではないからだ。

それでも、シュートの精度は本物。今後「CUE」がどのような形でチームに貢献するか、Bリーグファンならずとも注目したいところだ。

souce by cnbc.com
朝日新聞デジタル

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy