ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一年中飲み物をおいしい温度で楽しめる。デスクトップ冷熱カップ「PT-501」

飲み物の適温をキープするのは難しい。しかし、飲み物をより美味しく飲むためには、「冷たいものは冷たいまま」「温かいものは温かいまま」をキープしたいところ。「PT-501」はそんなわがままを叶えてくれる冷熱カップだ。

・冷却&保冷機能と加熱&保温機能、両方Ok

「PT-501」は、保冷、保温、どちらにも対応。常温水(380ml)の場合には約30分で10℃まで下がる冷却システム。「冷たい飲み物で目を覚ましたい」そんな時にも活躍してくれるだろう。

また、約30分で、常温水(380ml)を55℃まで暖かくすることも可能。さらに高い保温力のおかげでコーヒーやお茶も最後まで温かく飲むことができる。本体のボタンのワンタッチ切り替えで冷熱を切替できとても簡単。市販の缶飲料の500ml缶にも対応しているので、購入した缶ジュースやビールの冷たいまま楽しむことができる。

・環境にも優しいカップ

「PT-501」は、フロンなどの冷媒を使わない環境に優しいペルチェ効果を利用。凹凸に成形されている冷熱プレートは専用のマグカップの底にピッタリくっつくようにデザインされており、間隙なく接触面が広く飲み物が早く冷却・加熱できる仕組み。ホワイトとシルバーを組み合わせたおしゃれなデザインも魅力的だ。

職場での長時間の作業中はもちろん、映画鑑賞やスポーツ観戦、アウトドア等でも活躍してくれそうだ。

PT-501

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy