ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美術館などの施設と芸術家、来館者をブロックチェーンでつなぐ「Cultural Places」

オーストリアのスタートアップ企業「Oroundo」によって開発された「Cultural Places(カルチュラル・プレイシーズ)」は、ブロックチェーンを活用し、美術館や博物館などの施設と、創作活動に取り組む芸術家、そして一般の来館者をつなぐオンラインプラットフォームだ。

・チケット売買やクラウドファンディングに仮想通貨を導入

「Cultural Places」は、美術館や博物館、遺跡、イベント会場などへの入場チケットや、芸術家のクラウドファンディングにブロックチェーン技術を活用しているのが特徴。

ブロックチェーンプラットフォームのイーサリアム(Ethereum)をベースとする仮想通貨「Cultural Coin」を発行し、入場チケットの売買やクラウドファンディングなど、「Cultural Places」上でのすべての取引をこの仮想通貨で扱う仕組みだ。

たとえば、一般の来館者は、チケット販売業者を介することなく、美術館などの施設から直接、入場チケットを購入でき、専用スマホアプリのデジタルウォレットでこれを管理する流れ。

余ったチケットの払戻や第三者への譲り渡しも、デジタルウォレットによって簡単に実行できる。

なお、「Cultural Coin」によるチケット売買機能は、2019年初旬にリリースされる見込みだ。

・ブロックチェーンを観光や芸術、文化の分野に応用

「Cultural Places」には、オーストリアの首都ウィーンの展示施設「セセッシオン」やインドネシアのボロブドゥール遺跡、セルビアのベオグラード要塞など、すでに世界20カ所以上の施設や組織が参加している。

芸術や文化、観光の分野にブロックチェーン技術がどのように応用できるのかを探究するうえでも、興味深い試みだ。(文 松岡由希子)

Cultural Places

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy