ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超話題作!マスコミ試写会で観てきた『孤狼の血』押さえるべきポイント5つ!

今年5月12日に全国公開になる、役所広司&松坂桃李W主演の劇場用映画『孤狼の血』

原作は、柚月裕子の角川書店から刊行された小説。第69回日本推理作家協会賞受賞、第154回直木賞候補作品、このミステリーがすごい!2016年版国内編第3位、本の雑誌が選ぶ2015年度ベスト10第2位などにも選出された非常に読み応えがある作品です。

映画版では、監督を、山田孝之主演『凶悪』や綾野剛主演の『日本で一番悪い奴ら』などでメガホンをとったヒットメーカー・白石和彌が務め、暴対法成立直前の昭和63年広島呉原市を舞台にした一大バイオレンスエンタテイメントに仕上げています。

今回、裏社会ライターで、遠藤憲一さん主演の『木屋町DARUMA』を製作したことがある私・丸野裕行に公式オピニオンとしてのオファーがあり、テレビ出演の打ち合わせと日程を合わせて観に行ってきました!

孤狼の血予告編
https://youtu.be/1Hv1yAnFfjE

オープニングから魅せる映画マニア感涙の演出

マスコミ試写会の場所は東映本社。

写真:男の東映本社!丸の内TOEIも併設

丸の内TOEIが併設されている本社をエレベーターで7階まで上がると、映画宣伝部の本体奥に、試写室があります。東映の主力商品であるスーパー戦隊や仮面ライダー、『相棒』、『探偵はBARにいる』などの劇場用特大POPが並ぶ中を奥へと進みます。

名刺を差し出し、中へと進んだ試写室は、収容人数30名ほどでしょうか、こじんまりとしたスクリーンがあり、この規模の方が本編にに入り込める気がしますね。宣伝部の司会者がスタートのあいさつをし、上映がはじまります。

“NO MORE映画泥棒”のCM後にはじまったおなじみ岩場に波しぶきがぶつかる東映のオープニング。おや、何かが違う……。そうなんです!

劇場版と同じかどうかが定かではありませんが、いつもの現代の東映マークとは違い、60年代の東映マークのオープニングが私たち観客を出迎えてくれるんです!唖然とし、60年代に引き戻された状態のままはじまるのが、リンチに次ぐリンチ。

東映実録シリーズを地で行く荒業に思わず舌を巻いてしまいます。さぁ、本編がはじまりましたが、ここで押さえておきたい『孤狼の血』5つのポイントをお教えしましょう!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy