ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自律走行型ポッドの試験走行に世界で初めて中東ドバイが着手

アラブ首長国連邦(UAE)を構成するドバイ首長国(Dubai)では、ドバイ交通局(RTA)と米カリフォルニア州のスタートアップ企業「NEXT Future Transportation」との提携のもと、世界で初めて、自律走行型ポッドの試験走行に着手した。

・連結や切り離しも自動化された自律走行型ポッド

「NEXT Future Transportation」が開発する自律走行型ポッドは、長さ2.87メートル、幅2.24メートル、高さ2.82メートルのほぼ立方体で、最大10人まで乗車可能。

道路に設けられた専用レーンを平均時速20キロメートルで走行し、乗客の目的地に応じて、15秒から20秒程度で、別のポッドと連結したり、連結しているポッドを切り離したりする仕組みだ。

この自律走行型ポッドは、1回の充電で3時間走行でき、6時間でフル充電できるという。

・自律走行型モビリティを活用したドバイのスマートシティ化

この自律走行型ポッドの試験走行プロジェクトは、ドバイのスマートシティ化に向けた取り組みとして、ドバイの首長で、アラブ首長国連邦の副大統領兼首相のムハンマド・ビン・ラシド氏が主導するもの。

また、ドバイのハムダン皇太子が創設した「ドバイ未来アクセラレーター(Dubai Future Accelerators)」とドバイ交通局が共同で推進する「ドバイ自動輸送戦略」では、「2030年までにドバイにおける交通手段の25%を自律走行型モビリティに転換する」との目標を掲げている。

世界初となる自律走行型ポッドの試験走行は、自律走行型モビリティを活用したドバイのスマートシティ化の第一歩としても、注目されている。(文 松岡由希子)

Roads and Transport Authority

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy