ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本企業サイバーダインがロボットスーツ「HAL」を使った治療事業を米国で開始

身体機能の改善を目的とするサイボーグ型ロボットを開発しているサイバーダイン(本社・茨城県つくば市)は、同社のロボットスーツ「HAL(医療用下肢タイプ)」を使った治療事業を米国フロリダ州で開始した。

全米有数のリハビリテーション医療グループBrooks Rehabilitationと合弁会社を設立し、同州にサイバニクス治療センターをオープン。今後は同州を拠点に、全米展開も目指す。

・信号をキャッチして歩行

治療センターでは、脊髄損傷で下半身が麻痺した患者にHALを使った歩行機能のトレーニングを提供する。

HALは、装着者の意思を読み取り、その意思に基づいて歩行をサポートするというかなり高度なロボット。つまり、装着者が「右足を前に出したい」と思うだけで、その生体電位信号をHALがキャッチし、その通りに動かす。

このトレーニングを続けることで、信号の活性化が起こり、最終的には患者の歩行機能の改善が期待できるのだという。つまり、「もう歩けない」と諦めかけていた人に、再び自分の足で歩けるようになるという希望を与え、実際の効果を伴う治療なのだ。

・昨年12月FDA承認

HALは昨年12月、米国食品医薬品局(FDA)に医療機器として承認され、今回はこれを受けて治療事業の開始となった。

合弁会社へはサイバーダインが66.7%、Brooks Rehabilitation が33.3%を出資。Brooks Rehabilitationは全米最大級のリハビリ病院などを展開していて、今後はBrooks Rehabilitationのネットワークなども活用しながら全米での営業を展開していく方針という。

サイバーダイン

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy