ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本格スイマーに! ゴーグルにつけて心拍やストローク数を記録できる「Edge」

水泳を真剣にやる人にとって、タイムの計測は欠かせない。最近では防水機能を持ったスマートウォッチが増えてきているが、より専門的にデータを分析したい人に紹介したいのが、米国のスタートアップPhlexが開発した「Edge」。

ゴーグルにつけてタイムや心拍、ストローク数などのデータを計測できるというもので、手首につけるのに抵抗があるという人には特にオススメだ。

・データはクラウド管理

Edgeはゴーグルのバンドに通して、右側のこめかみ部分にくるようにセットして使う。水の抵抗を抑えるため、フラットなデザインとなっている。

この中にセンサーが埋め込まれていて、距離、スピード、ストローク数、キック数、燃焼カロリー、リズム、心拍数などを計測できる。これらのデータはすべて、専用アプリに送られ、クラウドに保存される。

・トレーニングの効率をアップ

機能はこれだけではない。Edgeのすごいところは、データを分析し、パフォーマンスを向上させるためにはどこを改善したらいいのかアドバイスもしてくれる点だ。

また心拍をリアルタイムにモニターし、脂肪燃焼モードに入ったら1回振動し、2回振動で有酸素運動モード、3回振動だと無酸素運動モード、そして4回の振動で最大酸素摂取であることを知らせてくれる機能もある。

これらの把握は、運動の負荷の調整に役立ち、ひいては効率的なトレーニングにつながる。

感覚に頼るだけでなく、データとして管理することでパフォーマンスを高めるというプロ向けのデバイスのEdgeは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。

出資額は199ドル(約2万1000円)〜となっていて、あと1カ月ほど受け付ける。資金調達が成功すれば、今年11月にも発送される見込みだ。

Edge/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy