ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボビー・ブラウン、元妻の故ホイットニー・ヒューストンの死因について持論「彼女はドラッグのせいで死んだんじゃない」

ボビー・ブラウン、元妻の故ホイットニー・ヒューストンの死因について持論「彼女はドラッグのせいで死んだんじゃない」

 ボビー・ブラウンがローリング・ストーン誌との最新インタビューで、元妻の故ホイットニー・ヒューストンと二人の娘ボビー・クリスティーナの死について発言している。

 2012年に48歳で死去したホイットニーについて彼は、「彼女は薬物を断とうととても努力していたんだ。彼女は素晴らしい女性だった」と振り返り、「彼女はドラッグのせいで死んだんじゃないと思う」と、死因はドラッグではなく、失意だったと語っている。

 また、2015年に22歳で亡くなった娘については、彼女の不可解な死に関わったのではないかと当時から噂され、“法的な責任がある”として2016年に3,600万ドル(約38億円)の支払いを命じられた元恋人のニック・ゴードンについて、「あいつがまだ自由に歩き回っている」ことが不満だと語った。

 薬物を断って15年になったボビーだが、誘惑に負けない秘訣は自身の子どもたちだと語っている。ボビー・クリスティーナの他に6人の子どもがいる彼は、「彼らへの愛。彼らがくれる愛」に助けられていると言い、「大きくなった子たちは俺について何もかも知ってるけれど、それでも愛してくれる」と笑う。また、現在の妻でマネージャーでもあるアリシアの愛と献身にも大きく助けられており、彼女のためにも「薬物を断った時、もう二度と手を出さないと決めた」と語っている。

 2018年2月に49歳になった彼は、まもなく自身の半生を描いたミニ・シリーズ『The Bobby Brown Story』の撮影に入る。この作品と連動して、テディー・ライリーとベイビーフェイスをプロデューサーに迎え、2012年の『ザ・マスターピース』以来のニュー・アルバムも制作され、ワールド・ツアーも予定されている。

関連記事リンク(外部サイト)

ボビー・ブラウンの娘の死は“殺人”ではない、元恋人が公表を要求
ボビー・ブラウンに吉報! 妻との間に女児誕生
故ホイットニー・ヒューストン主演『ボディガード』25周年記念盤がリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy