ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小腹減ったら間違いない「あのゼリー飲料」がフルモデルチェンジ! 『ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング』

img_8243-1re

2月26日にダイドードリンコから『ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング』4品が発売されました。(以下『ぷるっシュ!!』)

一定回数シェイクしてから飲むこの飲料、パッケージを見て「あれ!?」と思った方がいるのではないでしょうか。そう、同社の『2つの食感ソーダゼリー』シリーズを思い浮かべた人は多いはず。

img_8196-1

この『ぷるっシュ!!』シリーズは『2つの食感ソーダゼリー』の炭酸ゼリー×ナタデココという業界唯一の価値に加えて、新味のラインナップとボトル缶、ショート缶タイプも新たに採用。言わば“フルモデルチェンジ”の装いで登場したというわけなのです。

img_8201-6

オフィスのおとも『ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング ピンクグレープフルーツ』の新しい楽しみ方

このシリーズ、実は2011年から続いている人気商品なのですが、ロングセラーの理由の一つがズバリ「小腹みたし」。

img_8254-21

中高生やサラリーマンが「何となくお腹が空いたなあ」という時に、エナジーチャージ感覚で飲めるデザートドリンクでもあるのです。

img_8261-23

今回初めて登場した『ピンクグレープフルーツ』は甘さ控えめ、ピールエキスのほのかな苦みも入って香り立つ仕上がり。そして、キャップ付きのボトル缶になったことで新たな楽しみ方が可能になりました。

img_8197-2

それは「追いシェイク」。

通常、『ぷるっシュ!!』シリーズは10回(ピンクグレープフルーツは5回)程度シェイクして好みの硬さまでゼリーをクラッシュさせてからその食感を楽しみます。途中でフタを閉めることができるボトル缶であれば、飲みかけからさらにシェイクをすることが出来るんですが、これがなかなかクセになりそうな仕上がりなのです。

まずは、5回シェイク。するといつもの通り、ほどよくゼリーが残った食感が楽しめます。

img_8207-7_furi img_8247-20 img_8213-9 img_8215-10
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。