ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

L.A.発メイクブランド「NYX プロフェッショナル メイクアップ」日本1号店が原宿に!

1802251

ロサンゼルス発のメイクアップブランド「NYX プロフェッショナル メイクアップ」の日本1号店が、2018年3月16日(金)東急プラザ表参原宿にオープンする。プロフェッショナル仕様のメイクアップブランド「NYX プロフェッショナル メイクアップ」は、1999年にロサンゼルスで生まれた。

NYX プロフェッショナル メイクアップのコスメの特徴は、「リッチな発色」と「ゴージャスな輝き」、「豊かなバリエーション展開」、そして「手頃な価格」。リップは600色を超え、アイライナーでさえ100点以上、アイブロウもさまざまな形状やテクスチャーを揃え、色数豊富なシャドウパレットやファンデーションなどあらゆるニーズに応える展開が魅力だ。
当然、メイクアップアーティストから一般ユーザーまで人気が広まり、現在世界 70ヶ国以上で販売されている。

1802252

今回待望のオープンとなる日本1号店には、NYX プロフェッショナル メイクアップが展開するさまざまなコスメが並ぶ。中でも、軽快なテクスチャーとベルベットのようになめらかな着け心地の「ソフト マット リップクリーム」や、アイシャドウ6色+パールハイライター2色+チーク1色をセットしたパレット「コントゥアー インテュイテイブ」は見逃せない。パレットは単色使いでも、色を重ねるても楽しめ、好みの陰影を自由自在に演出し、理想的な“立体小顔”を演出することができる。

1802253

その他日本でも人気を呼びそうなのが、太芯のクレヨンタイプのアイライナー「ジャンボ アイペンシル」。なめらかなテクスチャーでスルスルと描け、指でぼかせばたちまちアイシャドウにもなる便利アイテム。NYX プロフェッショナル メイクアップらしい幅広いカラー展開にもワクワクすること間違いなしだ。

NYX プロフェッショナル メイクアップ 表参道原宿店
2018年3月16日(金) オープン
住所:東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ表参道原宿3階
営業時間:11:00〜21:00
定休日:施設に準ずる

公式サイト
https://www.nyxcosmetics.jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy