ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AIで最適温度をキープするジャケット「Mercury Jacket」で寒さ知らずに!?

いくらあったか素材でできた衣服を着ていても、寒いものは寒い。となれば、やはり何かで熱を発生させて暖をとるしかない。

ホッカイロではなく、今回紹介するのはバッテリーで暖かさをキープするヒートジャケット「Mercury」。着ている人の体温に合わせて温度が自動調整されるというものだ。

スマホでマニュアル設定もできるようになっていて、その際、搭載する人工知能(AI)が着ている人の好みを学習するようになっているのだという。

・理想温度を“学習”

ホッカイロを腰や背中に貼り付けて、「熱っ!」となった経験はないだろうか。Mercuryならそんなことはない。体温センサーや加速度計がビルトインされていて、ユーザーの体温や動きに合わせて温度が自動調整されるからだ。

また、人によって寒さの感じ方は異なるが、Mercuryの温度設定はスマホアプリでもできる。何回も使ううちに、機械学習でユーザーの好みを習得し、「理想の温度」をキープするようになるのだという。

・スマホの無線充電も

Mercuryの素材はポリエステルとポリウレタンで、ウォータープルーフ。そしてジャケットの中には10000mAhものバッテリーを搭載している。

ちなみに、ポケットのひとつがワイヤレス充電に対応していて、そこにスマホを入れるだけでチャージできる。また、Alexaにも対応し、「ジャケットをオンにして」と話しかけて操作できるのもひねりがきいている。

米国ボストンのアパレルメーカー「Ministry of Supply」が手がけたこのジャケット、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中だ。

すでに目標額は達成し、商品化はほぼ確実な情勢。今なら280ドル(約3万円)〜となっていて、世界どこにでも無料で発送してくれる(ただし、米国外への発送にはバッテリーは含まない)。

出資は3月23日まで受け付け、今年11月にも発送が始まる見込み。

Mercury Jacket/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。