ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の午後の紅茶☓ポッキーコラボがアロハ〜な感じで相性良すぎ

kg

毎年コラボ商品を出しているキリン「午後の紅茶」とグリコ「ポッキー」ですが、今回のテーマは「ハワイ感」だそうです。

コラボ商品として発売された商品はこちら「アサイーヨーグルティー & ポッキー バナナブラン」です。
日本はまだまだ寒い時期ですがハワイの常夏感を味覚から再現しようというこの試み……果たしてどうなんでしょうか。

早速編集部で試食してみましたが、「ポッキー バナナプラン」が単体でもとても美味しいと特に女性に人気でした。
また、「アサイーヨーグルティー」は意外なことにそんなに味わいは濃くなくて、どちらかというとあっさりしていて、飲みやすかったです。

しかし、このコラボ、組み合わせて食べるところに面白みがあります。

さらに、キリンさんとグリコさんによれば、
「ハワイを想像しながら」
「まずポッキー バナナプランをふたくち」
「次に午後の紅茶アサイーヨーグルティーをひとくち」
がベストなハワイ感を生み出すそうで。

さらにハワイ感を増すために、「ハワイアン」を聴きながら食べるとよい、とのこと。
我々ガジェット通信は素直ですので、言われたとおりやってみましたよ。

お昼の会議室から漏れ聞こえてくるハワイアンの音楽。
ガジェット通信社内にあふれ出してくるハワイ感。一体どうしたんだと編集部がざわつきます。

目をつぶって、ハワイを想像します。行ったことないので、よくわからないのですが、きれいな砂浜でくつろいでるところに「アロハ~」とフラダンスしながら素敵な女性が近づいてきて真っ赤なレイを首にかけてくれるところなんかを、なんとなく想像してみます。カラッとした空気。吹き抜ける心地よい風。ハイビスカス。彼方にはキラウエア火山が見えて、少し噴煙も出てるかも……。

もう頭の中は想像のハワイでいっぱいです。

そこで、まずは「ポッキー バナナプラン」をパクリ。
これだけでも美味しいと女性の反応がよかったのですが、あまくてフルーティーな味わいが口中に拡がって、たしかに美味しいです。まずはこれをふたくち。

そして次に、「アサイーヨーグルティー」をひとくち。
Oh!なんと、これは意外! 単体だとあっさりした味わいだった「アサイーヨーグルティー」なんですが、「ポッキー バナナプラン」と組み合わせることで、甘みとミルク感が増しているように感じられます。確かにおいしい!

公式説明によれば「まるでアサイーボウルのような味わいに!?」とのことです。
筆者はアサイーボウルなる洒落た朝食を食べたことがないのですが、もしハワイでアサイーボウルを食べたことがあるという方がいらっしゃいましたら、くらべてみるのも楽しいかもしれません。

他のポッキー&午後ティーコラボの組み合わせについても教えてもらいました

グリコさんとキリンさんにきいてみたところ、午後ティーとポッキーの組み合わせ、他にもオススメのものがあるんですよ、とのこと。どれも単品で普段楽しんでいるものかもしれないですが、組み合わせることで、楽しさが倍増するので是非試してみてください。また、みなさんのオススメの組み合わせなど発見したら、コメントや投稿いただければと思います。

■午後の紅茶ストレートティー×ポッキーチョコレート

ポッキーの甘さと、ストレートティーの華やかな香りで満足感アップ。
安定かつ王道で、定番感がある。しつこくなくて、どんどん食べれてしまうから要注意。

■午後の紅茶ミルクティー×ポッキー ザ・ミルク

ミルクティーもザ・ミルクもミルク感たっぷりで、幸せの味。
ミルク×ミルクでくどいかも!?と思いきや、まったりなりすぎずポッキーのプレッツェルのさっくり食感と
ミルクティーの後ギレの良さがバランス◎

■午後の紅茶おいしい無糖×アーモンドクラッシュポッキー

アーモンドの香ばしさと、おいしい無糖のさっぱり感が大人っぽく
香りのハーモニーが楽しめます。しかも後味すっきりで、仕事の邪魔にもならない★

■午後の紅茶レモンティー×つぶつぶいちごポッキー

レモンティーもつぶつぶいちごも甘酸っぱくて、相乗効果でフルーティーさが増します。
酸味のあるものと甘いものだと喧嘩すると思われがちだけど、
レモンといちごの甘さと酸味が絶妙にマッチしていて、担当者一押しの食べ合わせ。

グルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。