ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原画で見たい!「キングダム」作者が描く、佐賀県の偉人


Ⓒ原泰久/集英社

佐賀県が、あの大人気漫画の作者とタッグを組む!

3月17日(土)から開催される、幕末維新期の佐賀の偉人や偉業を伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」をPRするメンバー組織「肥前さがFAN」に、あの大人気漫画「キングダム」の作者で、佐賀県出身の原泰久氏が参画することが決まった。

参画を記念し、原氏が書き下ろした「佐賀藩第十代藩主 鍋島直正公」のイラストを特設サイトに公開するほか、期間中に原画をメインパビリオン「幕末維新記念館」に展示する。

また、2月19日(月)から2週間、福岡県福岡市内バス停広告「シティスケープ」にもこの原画を用いたデザインで博覧会をPRしている。

原氏は、「出身佐賀県の大イベントにこういう形で 参画できることを心から嬉しく思っております。藩主鍋島直正は、幕末の動乱期に、国内最強の軍事力を作り持ちながら、冷静沈着に時勢を見定めた賢人です。それととともに、幕府側、討幕側からの圧力にも屈しなかった豪胆な人でもあり、残っている写真のお顔からもその”強さ”が伺えます。絵では、静かな眼力と表情、佇まいの部分にこだわり、鍋島直正はこういう人ではなかったろうかと、思いをはせて描かせて頂きました。」とコメントしている。

静の中に激しく燃えるものを感じる鍋島直正公のイラスト。ぜひ原画をこの目で確かめたい!

『「肥前さがFAN」特設サイト』( https://hizensaga-fan.com/ )
『「肥前さが幕末維新博覧会」公式サイト』( https://www.saga-hizen150.com )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy