ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビンテージタイプライター風キーボード「Retro Classic BT」がおしゃれ

なんともおしゃれで存在感のあるキーボードが登場した。米国の電子機器メーカーAzioがリリースした「Retro Classic BT」。

ビンテージのタイプライター風の外観に最新の性能を融合させた、いいとこ取りのメカニカルキーボードだ。

・LEDライト搭載の丸いキー

Retro Classic BTはまずデザインが目を引く。亜鉛合金を使ったフレームに、全体の表面は皮。その上に、昔のタイプライターのような丸みを帯びたキーが並んでいる。実際、タイプライターのようなキータッチを楽しむことができる。

また、バックライトとして各キーにLEDライトを搭載。キーのキャップは、取り換え可能となっている。

・スイッチでOS切り替え

もちろん、現代のキーボードとしてBluetoothにも対応し、有線・無線どちらで使うこともできる。しかも6000mAhのバッテリーを搭載し、2カ月ほどもつとのこと。充電はUSB-Cケーブルで行う。

加えて、Windows、Macの両OSをサポートし、キーボードに付いているスイッチ一つで切り替えられるのも便利だ。

Retro Classic BT はフレームや皮の色が選べるようになっていて、4つのバリエーションを用意。表面が皮ではなく、木のタイプもあり、PC作業シーンにおしゃれ感をプラスしたい人には良さそう。

価格は219ドル(約2万4000円)となっている。

Azio

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。