体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with SILENT POETS about 『dawn』

NeoL_SP_1 | Phogorphy : Masakazu Yoshiba

メランコリックでエモーショナルなダブサウンドで世界各国にコアなファンを持つSILENT POETSが12年ぶりの新作『dawn』をリリースする。ラッパーの5lackをフィーチャーしたNTTドコモ「Style’20」のCMソング“東京”がiTunes Hip Hopsシングルチャート14日間連続第1位を記録し、確かな実力を改めて世に示した中でのアルバムリリースのアナウンスは待ち望んだファンを歓喜させている。フィーチャリングアーティストはSex PistolsのドラマーPaul Cookの娘であるHollie Cook、ルーツロックレゲエとダブのプロデューサであるAugustus Pabloの息子であるAddis Pabloを始めとする豪華海外勢に加え、NIPPS、こだま和文、さらに櫻木大悟(D.A.N.)らの日本勢を迎えた盤石の布陣。悠久の美しさと新しい冒険の息吹を兼ね備えたこの名作の誕生までを語ってもらった。

ーー——今作の呼び水となったのはやはり“東京 feat. 5lack”だったんでしょうか。

下田「そうですね。あれからの流れがあって、あと25周年といういいタイミングがあったので今やろうと。そうしないとついつい間が空いてしまうので(笑)」

——うっかり12年間焦らされますからね(笑)。でも今回は動き出してからはやかった気がします。

下田「自分でも思ったよりはやかったです。2016年に “東京”があり、その流れで2017年の2月くらいから具体的に作り出して。本当は年内に出したかったのですが、制作というよりはフィーチャリングアーティストやエンジニアのスケジュール調整があったので年が明けてしまいました」

——1年かかってないんですか。フィーチャリングのアーティストも、国もジャンルもまたいでいるのに想像以上に短期間の制作で驚きました。

下田「作り出してあまり長くなるとだんだんテンションが落ちてしまうところがあるので、やるときはパッとやりたいんです。完成形がぼやけるというのではなく、分かっているのに出せないという状況だと集中力が落ちていってしまうんですね。今回もスケジュールが合わなくてズレていってしまったときはテンションが危なかったのですが、なんとか保ちながら最後まで頑張ってやりました。スムースに、勢いでいったほうが自分の性格的には良いものができるかなと思います」

NeoL_SP_2 | Phography : Masakazu Yoshiba

——内容に関してなのですが、まず今回のアルバムには、レゲエやパンクなど、ご自身のルーツがかなりストレートに入っていますよね。音像の重なりなどが生み出す普遍的な美しさはもちろんありつつも、より自由に軽やかだなと。25周年というのもあってより明確にというのは意識されたんですか? それとも自然とそうなったのでしょうか。

下田「意識的にですね。レゲエなども前からあったのですが、今までの作品はそこまでストレートには出してなかった。でも今回は思ったものをストレートにやりましたし、そのぶん影響を受けたものも色濃く出ています。レゲエの曲をやるのであればHollie Cookとやりたいと思っていたのも実現できたし(“Shine feat.Hollie Cook”)、Addis Pabloとの曲(”Division of the world feat Addis Pablo”)もストレートなレゲエで。レゲエとパンクは切り離せない関係という歴史があるのですが、今回はそういう繋がりもあるので面白いですね。25周年というのでやってこなかったのをやろうという気持ちもありましたし、色々な思いが混じってこうなったんでしょうけど、今までになくなんでもありだという姿勢で臨んでいました。
自分として一番大きな変化は、これまでアルバムには収録してこなかった日本語の歌詞の曲が三曲も入っているということ。きっかけになった“東京”が自分的にも手応えがあり面白かったので、ああいうことを取り入れたいと思っての3曲なんですが、もっとあってもよかったくらいです」

NeoL_SP_3 | Photography : Masakazu Yoshiba

——日本語がのったトラックが全体の中で全く違和感がなかったのは感嘆しました。

下田「ああ、それは良かったです。自分の中では初めてだったので最初は馴染むまでに時間がかかって。最終的にとても馴染んだし、気に入ってますけど」

——ラップがのるはまだわかるんですけど、桜木さんとの曲(“Simple feat.櫻木大悟(D.A.N.))は歌う側にとってもすごく難しかったろうなと。メロディがある日本語とのこの出会い方はここでしか聴けない、新しい発見でした。

下田「そこが僕もどうなんだろうとずっと思っていたので嬉しいです。D.A.N.は最近のなかでは群を抜いて格好いいバンドだなと言う認識だったので、日本の人でラッパーではなく誰かいるかなという時に最初に浮かんできました。日本語でも格好いいと思えたバンドだったし、もちろんサウンドもいい。この曲では彼にも普段の世界観と違うものをやってもらって、それがいい具合に出会ったといった感じですかね。あれが一番今まででやってこなかったような曲ということもあって、反響が大きかったです。僕は洋楽で育ったので今回は別物として聴いている感じは未だにありますが、今後の方向性が見えた気がしますね」

——洋楽ベースのバンドですし、共鳴するところもあったのかもしれませんね。NIPPSさんは再会という感じですか。

下田「まさに(笑)。それもアニバーサリーということで面白いかなと。またやりたいねと言っていたんですけど実現できてなかったので」

NeoL_SP_5
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。