体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年の幕開け、デトロイトモーターショーで気を吐いた日本勢。レクサス LF-1リミットレスコンセプトやホンダの新型インサイトなど!

▲2018年1月14日から28日にかけて、デトロイトのコボセンターで開催されていた、デトロイトモーターショーの模様をお届け。アメリカ北部は大雪というニュースを聞き、身構えていったものの、意外や意外、デトロイト市内は雪こそ降れど、日中の日差しで溶けていくという陽気であった

▲2018年1月14日から28日にかけて、デトロイトのコボセンターで開催されていた、デトロイトモーターショーの模様をお届け。アメリカ北部は大雪というニュースを聞き、身構えていったものの、意外や意外、デトロイト市内は雪こそ降れど、日中の日差しで溶けていくという陽気であった

日系ビッグ3はすべてカンファレンスを実施

2018年のデトロイトモーターショーでは、日系メーカーが存在感を高めていたことが印象的だった。

GM(ゼネラルモーターズ)や、メルセデス・ベンツが会場内でのカンファレンスを行わず、フォードもショーフロアで縮小開催を行う中、トヨタ、ホンダ、日産の日系ビッグ3は、いつもどおりにカンファレンスを実施。下記モデルの紹介もあり、注目を集めていた。

▲トヨタは、北米専売となるフルサイズセダン、アバロンをデビューさせた。TNGAプラットフォームの採用や、ショックアブソーバーの減衰力を最適に制御するトヨタアダプティブサスペンションも設定されるなど、見どころ満載。エンジンは、新開発の3.5L V6と2.5L直4+モーターのハイブリッド

▲トヨタは、北米専売となるフルサイズセダン、アバロンをデビューさせた。TNGAプラットフォームの採用や、ショックアブソーバーの減衰力を最適に制御するトヨタアダプティブサスペンションも設定されるなど、見どころ満載。エンジンは、新開発の3.5L V6と2.5L直4+モーターのハイブリッド

▲日本でも個人輸入で乗っているひとが多い、トヨタの大型ミニバン、シエナ。2018年モデルが発表され、エクステリアの刷新を含む大掛かりな変更が行われていた。4WD車が設定された他、マルチメディアシステムの向上も図られている

▲日本でも個人輸入で乗っているひとが多い、トヨタの大型ミニバン、シエナ。2018年モデルが発表され、エクステリアの刷新を含む大掛かりな変更が行われていた。4WD車が設定された他、マルチメディアシステムの向上も図られている

▲トヨタのミドルサイズピックアップ(とはいえ、全長は5mを超える)、タコマの新色、Cavalry Blueをまとった展示車を発見。この車両は、TRD Proというグレードで、16インチTRDブラックアルミホイール、TRDチューンのリアサスなど、TRDパーツがあちこちに装着される

▲トヨタのミドルサイズピックアップ(とはいえ、全長は5mを超える)、タコマの新色、Cavalry Blueをまとった展示車を発見。この車両は、TRD Proというグレードで、16インチTRDブラックアルミホイール、TRDチューンのリアサスなど、TRDパーツがあちこちに装着される

▲レクサスの次世代フラッグシップクロスオーバーを示唆するコンセプトが、LF-1リミットレスコンセプトだ。パワートレインについては、PHVやEV、燃料電池など、あらゆるものが想定されている。フロントノーズが長い、SUVクーペスタイルは流麗の一語に尽きる

▲レクサスの次世代フラッグシップクロスオーバーを示唆するコンセプトが、LF-1リミットレスコンセプトだ。パワートレインについては、PHVやEV、燃料電池など、あらゆるものが想定されている。フロントノーズが長い、SUVクーペスタイルは流麗の一語に尽きる

▲日産は、3列シートSUVのスタディモデル、Xmotionコンセプトを発表。伝統的な日本の熟練の技と、最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされている。会場でもかなりの人気を集めたホットなモデルとなっていた

▲日産は、3列シートSUVのスタディモデル、Xmotionコンセプトを発表。伝統的な日本の熟練の技と、最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされている。会場でもかなりの人気を集めたホットなモデルとなっていた

▲日産の上級ブランド、インフィニティは、先進パワートレインの導入を見据えた、新しいデザインランゲージを示唆する、Qインスピレーションコンセプトを展示。コンセプトカーにしては完成度が高く、特定車種の次期型として開発が進んでいるのかもしれない

▲日産の上級ブランド、インフィニティは、先進パワートレインの導入を見据えた、新しいデザインランゲージを示唆する、Qインスピレーションコンセプトを展示。コンセプトカーにしては完成度が高く、特定車種の次期型として開発が進んでいるのかもしれない

▲日本でも、デトロイトモーターショーでデビューするとの情報が流れていた新型インサイト。ホンダはプレスカンファレンスを行わず、いきなり実車が展示ブースに置かれていた。気になるパワーユニットは、1.5Lアトキンソンサイクル+2モーターの組み合わせとなる

▲日本でも、デトロイトモーターショーでデビューするとの情報が流れていた新型インサイト。ホンダはプレスカンファレンスを行わず、いきなり実車が展示ブースに置かれていた。気になるパワーユニットは、1.5Lアトキンソンサイクル+2モーターの組み合わせとなる

▲ホンダの上級ブランド、アキュラは、人気のコンパクトSUV、RDXのプロトタイプを発表。3代目となって、あか抜けた印象を受けた。アキュラブランドの中心的価値である、「プレシジョン クラフテッド パフォーマンス」に基づかれた、新世代アキュラを象徴するモデル

▲ホンダの上級ブランド、アキュラは、人気のコンパクトSUV、RDXのプロトタイプを発表。3代目となって、あか抜けた印象を受けた。アキュラブランドの中心的価値である、「プレシジョン クラフテッド パフォーマンス」に基づかれた、新世代アキュラを象徴するモデル

▲スバルは、最高出力310psを発生するハイパフォーマンスモデル、WRX-STIタイプRAを展示。先述のエンジンに加え、軽量BBS19インチホイール、カーボン ファイバー ルーフやカーボン アジャスタブル リアウイングなど、カリカリな印象が前面に押し出されている

▲スバルは、最高出力310psを発生するハイパフォーマンスモデル、WRX-STIタイプRAを展示。先述のエンジンに加え、軽量BBS19インチホイール、カーボン ファイバー ルーフやカーボン アジャスタブル リアウイングなど、カリカリな印象が前面に押し出されているtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

「湖の上」に日産車が集結! 氷上で分かったリーフの安定感。モーター駆動ってスゲー!
予算1万円! 東京オートサロン2018でお買い物。愛車のカスタムパーツをガチで物色してきた!
かえひろみ、軽自動車カスタムに萌! いよいよ愛車をカスタムするのか!? 東京オートサロン2018

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。