ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私を竜王スキーパークに連れてって!雪上バギー、チュービングに挑戦

私を竜王スキーパークに連れてって!雪上バギー、チュービングに挑戦

鼻毛の森です。
“理想論撲滅”ソングの自作・自演までを担うシンガーです。
1月某日、僕が住んでいる石川県(金沢)から約2時間、長野県の「竜王スキーパーク」までやってきました。

竜王スキーパーク 鼻毛の森

なんと、スキー場で遊ぶのは20年ぶり……「行こうと思えばいつでも行ける」なんて北陸人ならではの余裕(怠慢)が思春期の少年をおじさんにしてしまったようで。
今回は、そんな失った時間を2日間で取り戻したいと思います! 全力で。

今回の“遊び場”、竜王スキーパークとは?

SORA terraceからの風景

SORA terraceからの風景

さあ、今回の“遊び場”について、ざっくり紹介します。
長野県・湯田中渋温泉郷近くにある「竜王スキーパーク」は、標高1,930m(標高差1,080m)のパウダースノーのゲレンデ(17コース)を特徴とし、スキーで有名な北志賀高原の中でも最大規模を誇ります。ロープウェイで上がれる「SORA terrace」からの景観は幻想的で、もはや“理想郷”レベルです。

飯山駅

秘境でありながらアクセスは抜群!
JR金沢駅から北陸新幹線「はくたか」で、JR飯山駅まで1時間15分。
さらに、竜王スキーパークの無料シャトルバス(前日17時までの事前予約制。土日祝は有料)でプラス40分程度と、想像以上に短時間で到着しました!

JR東京駅からも、同じく北陸新幹線に乗って1時間40分程度で飯山駅まで来られますし、手前のJR長野駅で下車なら、長野電鉄経由、湯田中駅からの無料シャトルバス(予約不要)利用もおすすめです。

バスで「バスインフォメーションセンター」に到着後、徒歩3分ほどの距離にある今夜の宿「ホテルノース志賀」へ。荷物を預け、スキーとウェア一式をレンタル。ゲレンデへと向かいます。

絶景を求めて“頂”から攻めてみた!

竜王スキーパーク

スキーヤー(スノーボーダー)たるもの、“てっぺん”を目指すのはもはや当然です。
リフト1日券をフル活用するべく、3度の乗り継ぎでたどり着いたのは標高1,770メートル地点。飯山駅到着時にはあんなに大きく見えた宿泊街がミニチュアに見え、人として大きくなった錯覚に酔いしれてしまいます。

竜王スキーパーク ロープウェイ

世界最大級166人乗りの巨大なロープウェイゆえに、安定感も抜群。
通常はリフトとロープウェイを乗り継がないとたどり着けない山頂ですが、「景色を見たいだけなんだ!」という非スキーヤー(ボーダー)にも、ロープウェイ山麓駅まで送迎してくれる「雪上車プラン」が用意されています。

SORA terrace cafe 外観

山頂駅そばでは、2017年8月にリニューアルしたカフェレストラン「SORA terrace cafe」が暖かい空間とドリンク、フードでもてなしてくれます。休憩スペースとしても開放されており、カウンター席はコンセント付きで、絶景撮影でのカメラの電池切れも心配無用!

SORA terrace cafe 内観

ロープウェイは「下り」の乗車もOKなので、景観を室内で独占しながら、まったりするだけ……なんて過ごし方もいいかも!

SORA terrace 眺望

気候や気温などの条件が出そろえば、目下に広がる「雲海」も拝めるのですが……この日は残念な結果。こればかりは“運かい?”(笑)。
SORA terrace 雲海

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy