ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日産のSUVコンセプトカーが「Xmotion」は日本の伝統と未来をつなぐ架け橋に?

1月13日よりアメリカはデトロイトで開催されている北米国際オートショーにて登場した日産のコンセプトカーがとにかく「未来的」ということで話題となっている。そのコンセプトカーが「Xmotion(クロスモーション)」。

そう、コンセプトカーなので一般販売向けに作られることはまずないのだが、「未来の車はこうなるのかも…」と良い意味で夢を見させてくれるSFチックな1台となっているのだ。

・合計7つのスクリーンを搭載?

個人的にこのコンセプトカーで着目したのがそのインテリアだ。前面にはメインディスプレイ、サイドブレーキ部分にもディスプレイと、車内には合計7つのスクリーンが搭載されている。

日本の伝統的な建築技法を用いた木材のデザインが、近未来的な光の輝き方にうまく調和している。車内を前後縦に走る一本の木材は、川にかかる橋をイメージしているようで、インテリア全体が日本の風景をテーマにしているそうだ。

伝統的な技術とデザインを合わせたことで、不思議と未来的な印象がより際立っているようにも思えた。

・ディスプレイはジェスチャーと目の動きで操作も

さらに、ディスプレイ上の情報やシステムは、手によるジェスチャーや目の動きによっても操作が可能になっているそうだ。もちろんボイスコマンドにも対応しているので、ドライバーに安全で直感的な操作感を提供してくれる。

サイドブレーキ部分のディスプレイには指紋認証センサーが搭載されており、指紋認証による車の起動が可能だ。車を起動させると、ディスプレイには鯉(コイ)が現れ、正面のディスプレイまで泳いで行く姿は趣がある。どうやらのこの鯉が運転中のアシスタントといった存在になるようだ。

そのほか、3列シートになっていたり、車のドアを広々と開けられたりと、他にもまだまだたくさんの工夫が凝らされている。さて、今回搭載された技術のうちいくつが未来の日産の車に採用されていくのだろう?

執筆:Doga

The Verge

Nissan/YouTube

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。