ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「建坪5.1坪」「横幅1.8m」で料理や洗たくはどうするの? コンパクトに賢く暮らす狭小住宅ライフを疑似体験してみた[PR]

「建坪5.1坪」「横幅1.8m」で料理や洗たくはどうするの? コンパクトに賢く暮らす狭小住宅ライフを疑似体験してみた[PR]

「都心で一戸建てに住みたい!」――。実家があるならともかく、都心に自分で一戸建ての家を建てるなんて夢みたいな話! でも、その夢を実現する手段があります。そのひとつが“狭小住宅”。「狭くて小さい家」とネガティブな印象を持つかもしれませんが、実際に住んでいる人の姿を見てみると、狭いスペースを有効活用して賢く暮らしていることが分かります。

花王が公開した『オシャレ狭小住宅ジャーニー』は、実際に人が住んでいる狭小住宅の中を360°カメラでのぞき見できるコンテンツ。他人の家、しかも狭小住宅の中を見られるとは、なかなか興味深いですよね。さっそく、『オシャレ狭小住宅ジャーニー』の中を旅してみましょう。

オシャレ!狭小住宅ジャーニー|アタック|花王
https://yogoso.com/kyousyo/

360°ビューワーで家の中をくまなくチェック!

attack2

『オシャレ狭小住宅ジャーニー』では、360°ビューワーを使って家の中の様子を全方位で見ることが可能。パソコンのブラウザで見ると、マウスやトラックパッドをグリグリしながら大画面で家の中を探索することができます。

attack3 attack4

家の断面図で部屋をクリックするか、「ここが我が家のポイント」として並んでいる写真をクリックすると、その部屋の360°ビューワーが起動。フルスクリーンで表示することをオススメします。

attack5

360°ビューワーでは、写真をドラッグすると自分がいる場所を中心に視点の移動が可能。都度ドラッグして移動させるか、ドラッグで指定した方向に自動で回転させるかは、画面下のボタンをクリックして切り替えられます。視点の移動は、画面下の方向ボタンをクリックすることでも可能。

attack6

右下にマップを表示すれば、間取りを確認しながら実際の構造をチェックできます。マップはクリックで拡大表示が可能。不動産サイトでもこの仕組みが導入されると便利そうですよね。

attack7

画面下の「+」「-」ボタンをクリックすると拡大・縮小。前進・後退しているようにも見えます。

attack8 attack9

たとえば、狭いと何かと不便が多そうなキッチン。壁面や天井からの吊り棚に調理道具を収納することで調理スペースを確保し、使いやすい空間にしているという工夫が、ズームしたりグリグリ回して見てみることで理解できます。

attack10

ドアのアイコンをクリックすると、自動で視点が移動していくウォークスルームービーを再生。ボーっと眺めているだけで、その家の中で生活しているような不思議な感覚を味わうことができますよ。

スマホならより臨場感のある狭小住宅ライフが体験可能

attack11

『オシャレ狭小住宅ジャーニー』は、PCでもスマートフォンでも利用が可能。PCの大画面もよいですが、実はスマホのブラウザで見ると、より臨場感のある狭小住宅ライフを体験することができるのです。

attack12

その秘密は、スマホ版だけ利用できるジャイロ機能。「GYRO」のアイコンをタップすると、スマートフォンの向きを変えて視点の移動が可能になります。もちろん、フルスクリーンで表示することをオススメします。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy