『Twitter』上で話題騒然! 「スターウォーズのフィギュアなのに月亭方正と松本人志にしか見えない」

access_time create folderエンタメ
m

フィギュアレビュワーのネイトさん(@juridget)による

「スターウォーズのフィギュアなのに月亭方正と松本人志のフィギュアにしか見えない」

というツイートが注目を集めている。

フィギュアはそれぞれ映画『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクター、テック・ローズ(左)とレックス(右)のもの。

確かにテック・ローズのつぶらな瞳としもぶくれなシルエットは方正さんそのものだし、レックスの金髪と黒光り感は近年の松本さんに限りなく近いものがある。

このツイートに対し『Twitter』上では

「まさにSTAR WARS EPISODE9 ~絶対に笑ってはいけない宇宙戦争24時~ですね」

「REXじゃないほうが一瞬イモトに見えたw」

「笑ってはいけないスター・ウォーズ アリですね」

など”笑賛”の声が上がっている。

2008年末の『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』(日本テレビ)では川崎麻世さんらによるスター・ウォーズネタを取り入れたことのある松本さんたちだが、まさか本人が登場人物にそっくりだったとは驚きだ。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/juridget/status/950735988866691073 [リンク]

access_time create folderエンタメ

中将タカノリ

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧