ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最大30人分の指紋を登録!鍵のいらない次世代南京錠「BIOMETLOCK」

スマートフォンのロックを指紋認証で解除できるのだから、錠前もそうなるのが自然かもしれない。

何より、鍵を持つ必要がなくなる。自分自身の指が鍵なのだから、その1本で事足りるようになる。

とりあえず、あらゆるシーンで融通の利く南京錠が指紋認証式になったらどうだろうか。そのような製品が、国内クラウドファンディング「Makuake」に登場した。

・0.7秒で解錠

その名も「BIOMETLOCK」。まさに最先端技術の象徴とも言うべき、指紋認証型南京錠である。

最大30人分の指紋を登録できるため、複数人での錠前の共有も可能。たとえば、家族にしか開けることができないロッカーなどにもこのBIOMETLOCKが役に立つ。

パッドに指を当て、解錠までにかかる時間はわずか0.7秒。誤認の確率は10万分の1にまで抑えているという。もちろん、登録指紋のリセットもできる。新たな用途を見出した際、登録メンバーを入れ替えるということも可能なのだ。

満充電から1200回分の解錠操作ができるだけのスタミナを有しているそうで、これならば日常の使用にも十分耐え得るだろう。

また、いざという時は付属のバックアップキーでも解錠できる仕組みになっている。

・出資が相次ぐ

非常に幅広い用途を想定できるこの製品だが、現在Makuakeにおいて7800円からの出資を受け付けている。

配送は3月から。ちなみに、資金調達自体はすでに成功し、期限残り47日の時点で187万円(目標金額30万円)もの出資が集まっている。

やはり、「南京錠が指紋認証式になった」というインパクトは大きいようだ。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。