ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

理性崩壊ウイルスで全社員ブチ切れ!? 横暴上司をヤッちまえ!! スティーブン・ユァン主演『ゼット・インク』[ホラー通信]

Z Inc.  ゼット・インク

もし、人間の理性を破壊するウイルスが蔓延したらどうなるか? ましてそれが、ストレスいっぱいの会社員であふれるオフィスビルで発生したら……!? そんなヤベェ状況を描いた映画『Z Inc. ゼット・インク』が1/6より特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』で公開です。

人間のストレスホルモンの濃度を上げ、感情と理性のバランスを狂わせる“ID7ウィルス”が世界各地で発生。感染者は本能むき出しの状態になり、ムカつく上司を殺すのも、公衆の面前でヤるのもためらわない異常事態となっていた。

一方、高層ビルに居を構える大手法律事務所に勤める弁護士のデレクは、同僚のミスを擦り付けられ社長からクビを宣告されてしまう。デレクが荷物をまとめて帰ろうとするなか、“ID7ウィルス”が社内で発生し、ビルが完全封鎖される。感染者は、デレクをはじめビル内の全社員。クビへの不満を爆発させたデレクは、狂暴化した感染者で溢れるビルの最上階にある社長室を目指すが……。

ブチギレ主人公のデレクを演じるのは『ウォーキング・デッド』グレン役でおなじみのスティーヴン・ユァン。現在『ハリコン(ハリウッド コレクターズ コンベンション)』出演のために来日中ですね。ツーショット撮りましたか? そしてNetflixオリジナル映画『ザ・ベビーシッター』やドラマ『死霊のはらわた リターンズ』のサマラ・ウィーヴィングも出演しております。監督は『クライモリ』シリーズの二作目『クライモリ デッド・エンド』を手掛けたジョー・リンチ。…と、多方面のホラー好きの心をくすぐる名前のオンパレード。

スティーヴン・ユアンがキレッキレのブチ切れぶりを見せる予告編もぜひご覧ください。この約2分の映像でも十分にストレス解消効果がありそう。

映画『Z Inc. ゼット・インク』は1/6より特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』で公開です。どうぞお楽しみに!

『未体験ゾーンの映画たち2018』公式サイト:https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2018

『Z Inc. ゼット・インク』
【CAST】スティーヴン・ユァン「ウォーキング・デッド」、サマラ・ウィーヴィング「死霊のはらわた リターンズ」、スティーヴン・ブランド「ヘルレイザー:レベレーション」、ダラス・ロバーツ「ダラス・バイヤーズクラブ」、キャロライン・チケジー「エヴァリー」
【STAFF】監督:ジョー・リンチ「クライモリ デッド・エンド」/脚本:マティアス・カルーソ/撮影:スティーヴ・ゲイナー「エヴァリー」/製作:パリサ・キャビアニ、メルダッド・エリー、ローレンス・マティス「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」、マット・スミス「マレフィセント」、ショーン・ソーレンセン/製作総指揮:バディ・エンライト
2017年/アメリカ/英語/原題:MAYHEM/カラー/88分

(C)2017 RAGE, LLC ALL RIGHTS RESERVED 配給:「Z Inc. ゼット・インク 」上映委員会  

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。