ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぎゅうぎゅう四畳半をただのおっさんが時給1000円で大改装!【おっさんレンタル】

ぎゅうぎゅう四畳半をただのおっさんが時給1000円で大改装!【おっさんレンタル】

女子力ゼロ! 4.5畳の激せま部屋に住む編集・みさきが快適な一人暮らしを夢見て助けを求めたのは、インテリアコーディネーターでもなく、空間デザイナーでもなく、ただのおっさんでした。

 
どんなものにも、“まさか”という使い道はあるものです。たとえば、おっさん。きたなくて使えないおっさんにも使い道はあります。

「おっさんレンタル」というサービスをご存知ですか?

サービスに登録したおっさんが、1時間1000円で身の上相談から付き添い掃除などいろんなことをお手伝いするというもの。たかがおっさん、されどおっさん。おっさんレンタルには、なんと1日30件以上の依頼の問い合わせがあるんですよ。

あ、ごあいさつが遅れました、おっさんレンタルの登録おっさん「射手座右聴き(いてざみぎきき)」と言います。
射手座右聴き(49歳)
 

家のサボテンのように気軽に話せて、スポンジのように受け止めます。
よく聴くジャンルは、仕事相談と恋愛相談。
 
おっさんレンタル プロフィール

今日は、Webマガジン Pacoma編集部の編集者・みさきさん(26歳/一人暮らし)にレンタルされました。

 

編集・みさきさんのもとへ

射手座右聴き
「みさきさん、レンタルありがとうございます! 今日はなにをしたらいいですか?」

みさきさん
「部屋の模様替えをしたいんですよ」

「部屋の模様替え、ですか?」

「前に、Webマガジン Pacomaでわたしの部屋が記事に出たんです」
「この4畳半の部屋を紹介したところ『女を捨てている』『彼女にしたくない』『郷に帰れ!』といろんな知り合いから石を投げられまして…さすがになんとかしないと、と思ってるんです」

 

「……そういえば、なかなかコンパクトな玄関ですね」

「シューズボックスがありません」

 

「なかなかコンパクトなキッチンですね」

「キッチン用品を置くスペースがないので、料理は一度もしたことないです」

「なんとコンパクトなベッドスペース!」

1 2 3 4次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。