ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スズキ クロスビー(XBEE)がデビュー! こういうコンパクトSUVって、ありそうでなかったよね!

▲スズキ クロスビー

スズキが提案する新ジャンル「小型クロスオーバーワゴン」

2017年12月25日(月)、スズキ クロスビー(XBEE)がデビューしました。本体価格は176万5800円(税込)から!

XBEEという名前の由来は「X=クロスオーバー、BEE=TO BE EXCITING」から来ていて、「みんなで、もっと遠くまで、遊びに行きたい」「もっと自分らしく、人生を楽しみたい」「それをお気に入りのクルマと一緒にかなえたい」という思いが込められているそうです。

見た目は同社の軽自動車「ハスラー」が、でっかくなっちゃた感じ。特にフロントマスクの意匠がそっくりで兄弟みたいです。

ライバル車になりそうなのも「ハスラー」でしょうか。軽自動車ではパワーが物足りないとか、乗車定員が4人じゃ無理とか……。でっかい方かちっさい方かで選べるから良いと思います。

パワートレインは、1Lターボ+マイルドハイブリッド、6ATの組み合わせのみで、2WDと4WDが用意されております。

カラバリは豊富で単色はもちろん、2トーン、3トーンもあります。アクセサリーも豊富で、内外装問わず沢山のコーディネートが揃っています。自分の好みに合わせられてすごく良いですが、多すぎて逆に選ぶの迷っちゃいそうです。

MINIで定番のチェッカー柄やストライプ柄もあって、そういうのが好きな人にはとってもオススメ!

安全へのケアも、もちろん心配ありません。「SUZUKI Safety Sapport」が用意されていますので、衝突被害軽減ブレーキや誤発進の抑制などなど……、不安な部分をカバーができます。

まだちゃんとドライブしてみたわけではありませんが、今のところは買う人を選ばない感じに仕上がっているな、という印象です。男性でも女性でも、はたまたファミリーでもOKだと思います。

使い勝手の良さはもちろんですが、それだけじゃなく、なが~く愛せる相棒みたいな1台になりそうです。

それでは、写真でご覧ください。

▲スズキ クロスビー エクステリア ▲スズキ クロスビー ラゲージ ▲ラゲージのアレンジがなかなか豊富でうれしい! スライドできるのはイイネ

▲ラゲージのアレンジがなかなか豊富でうれしい! スライドできるのはイイネ

▲汚れものを放り込んでおけるトレー。簡単に取り出してそのまま洗えちゃいます

▲汚れものを放り込んでおけるトレー。簡単に取り出してそのまま洗えちゃいます

▲インパネ周りはシンプルながら、なかなか凝った意匠です

▲インパネ周りはシンプルながら、なかなか凝った意匠です

▲スズキ クロスビー フロントシート ▲落ち着いた雰囲気の内装。質感はかなりイイと思います!

▲落ち着いた雰囲気の内装。質感はかなりイイと思います!

▲足元を照らしてくれるドアランプもオプションで選べます。ロゴも入っててオシャレ! MINIみたい

▲足元を照らしてくれるドアランプもオプションで選べます。ロゴも入っててオシャレ! MINIみたい

▲ホイールもコーディネートできます!

▲ホイールもコーディネートできます!

▲スズキ クロスビー カモフラ ▲こんな感じのデカールがたくさん用意されています

▲こんな感じのデカールがたくさん用意されています

▲スズキ クロスビー カラーバリエーション ▲カラーバリエーションも3トーンまであって豊富!

▲カラーバリエーションも3トーンまであって豊富!

【SPECIFICATIONS】

■グレード:HYBRID MZ ■乗車定員:5名

■エンジン種類:水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ ■総排気量:996cc

■最高出力:73(99)/5500 [kW(ps)/rpm]

■最大トルク:150(15.3)/1700‐4400 [N・m(kgf・m)/rpm]

■モーター最高出力:2.3(3.1)[kW(ps)]

■モーター最大トルク:50(5.1)[N・m(kgf・m)]

■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT

■全長x全幅x全高:3760x1670x1705(mm) ■ホイールベース:2435mm

■車両価格:214.596万円(税込)

text/編集部 青木勇介

photo/篠原晃一、スズキ、編集部

関連記事リンク(外部サイト)

このお話の前編はこちら
twitter:@cro_______cro

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。