体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『「北斗が如く×DAM★とも」あべしオーディション』記者発表会に潜入!ケンコバ&鈴木奈々が叫んだ“断末魔”とは!?

2018年3月に発売予定のPlayStation(R)4専用ソフト『北斗が如く』に収録される断末魔を募集する『「北斗が如く×DAM★とも」あべしオーディション』が受付開始。応募初日(12月18日)に行われた記者発表には、名越稔洋総合監督のほか、ケンドーコバヤシさん、鈴木奈々さんらが登壇。ゲストのおふたりによるオーディション体験をはじめ、大盛り上がりとなった会場の模様を徹底レポート!!

「北斗の拳」×「龍が如く」、最強のコラボが実現!

株式会社セガゲームス『北斗が如く』(PlayStation 4専用・希望小売価格 税別8,390円(通常版)/税別11,390円(世紀末プレミアムエディション)・2018年3月8日発売予定)は、人気漫画「北斗の拳」(原作・武論尊/漫画・原哲夫)と、「龍が如く」シリーズを手掛ける「龍が如くスタジオ」がタッグを組んだアクションアドベンチャーゲーム。

物語は、「北斗の拳」原作をもとにした完全オリジナルストーリー。世紀末の大歓楽街・エデンを舞台に、街を狙う荒くれ者どもとの秘孔アクションバトルや探索アドベンチャーなどが楽しめる。

バトルでは、北斗百裂拳をはじめとした北斗神拳も繰り出すことが可能。もちろん、ケンシロウの他にユリア、シン、ラオウといったおなじみのキャラクターも登場し、漫画の世界観も存分に味わえる。

さらに、「龍が如くスタジオ」らしいスポット(ミニゲーム)も満載。バーテンダー、バッティングセンターなど「こんなケンシロウ見たことない」というコンセプトのもと、新たなケンシロウが堪能できる。

また「龍が如く」との共通点は、声優陣にもあり。主人公・ケンシロウの声は、同ゲームの主人公・桐生一馬を演じる黒田崇矢さんが担当する他、シンを中谷一博さん(同・錦山彰役)、ラオウを岩崎征実さん(同・郷田龍司役)、リハクを山路和弘さん(同・伊達真役)、ジャギを宇垣秀成さん(同・真島吾朗役)が務めるなど、まさに「北斗の拳」と「龍が如く」のクロスオーバーが実現。シリーズファンは、絶対買いの最強コラボ作品となりそうだ。

 

ケンドーコバヤシ&鈴木奈々が『あべしオーディション』体験!

今回スタートした『あべしオーディション』は、『北斗の如く』のザコキャラが死に際に発する“断末魔”ボイスを募集するもの。第一興商が運営するサービス“DAM★とも”の動画・録音機能を活用して行われる。採用人数の上限は定めていないといい、優秀ボイスは名前(“DAM★とも”ニックネーム)と都道府県がゲームに収録される。

記者発表には、『北斗が如く』名越稔洋総合監督、佐藤大輔ゼネラルプロデューサー、第一興商・村井裕一専務取締役が登壇。ゲストにケンドーコバヤシさん、鈴木奈々さんを迎えた。

オーディション開催の経緯について、佐藤ゼネラルプロデューサーは「『北斗の拳』は断末魔が特徴的なコミック。この作品を世に出すときに、ユーザーのみなさんと一緒に盛り上がれる施策はないかと考えて思い付いたアイデア」と説明。協力を依頼された第一興商・村井専務取締役は「とても光栄なこと。会社を挙げて大々的に協力していきたいと思っています」と述べた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。