体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

逆境、どう乗り切る?苦難を「チカラ」に変える王者の生き様――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。今回が最終回。前回(第3回)はこちらf:id:kashiemi:20171107150219j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K’s BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

幼子を抱えながらの練習、仕事

──1年半のブランクがあって、練習はきつくなかったですか?

すごくきつかったですね。体重が増えてたし、筋力もスタミナも落ちていたので、もう一回プロボクサーとしての体づくりからやり直さなきゃいけなかったので。単にボクシングの練習をするのと、試合のために練習するのとではわけが違いますからね。

でもいいこともありました。1年半、何にもしなかったおかげで、キックボクサー時代のアップライトの癖がけっこう抜けていたので。といってもまだまだ残っていたので、とにかく上体を低く、ボクサーとしての戦い方を徹底的に練習しました。

──収入を得るための仕事はどうしていたのですか?

復帰したのと同じ時期に、知り合いのキックボクシングのジムの会長さんからインストラクターをやらないかと声をかけていただきました。自分の好きなことで稼げるので2つ返事で引き受けました。それから別のジムからも依頼がきて、2つのジムで週に4回、レディースクラスで教えるようになったんです。

──当時はまだ娘さんも小さいし、子育てと仕事と練習の両立は難しかったんじゃないですか?

そうですね。当時は娘がまだ赤ちゃんで夜泣きもあったので。仕事と子育てで現役、独身時代よりも練習にかける時間が大幅に減ったので、練習内容を会長やトレーナーと一緒に全部見直して、限られた短い時間でいかにボクシングの技術を上げられるか、すごく考えて工夫しました。とにかくいろんなメニューをやって、練習の密度を濃く、短時間でより集中して、それこそぶっ倒れるまで練習しました。最初は毎日こなすだけで必死でしたね。

仕事や練習の間、子どもは認可外の保育園に預けていたのですが、月に7、8万もかかっていたので大変でした。しかも、当時は住んでいた家とインストラクターとして教えていたジムや練習に通っていたジムが離れていたので、毎朝通勤ラッシュの時間帯に娘を連れて保育園に送り迎えしなきゃいけなくて。しかも埼京線だったので混み具合がすごくて。そんな中娘を抱いて必死で電車に乗ると、乗客から「こんな時間に子ども連れて乗ってくんなよ」みたいな視線が一斉に注がれて毎日いたたまれなかったのを覚えてますね。でも好きなボクシングをまたやれるようになったので、耐えられました。

別居・離婚

──練習以外でも大変だったんですね。

私生活でも苦しかったです。実は、娘が8ヶ月の頃、復帰戦が決まった頃に当時の夫と別居したんです。いろんなことが重なって毎日ケンカばかりになっちゃって……。この別居も想定外だったので、精神的にも正直きつかったです。

でも、きついとかつらいなんて言ってられませんでしたね。そういう状況って全部自分のせいだし、全部わかった上で、自分が好きで、やりたくてやってること。しかも本来はやれる状況じゃないのに、会長や皆さんのおかげでやらせてもらってるわけなので、どんなにつらくても弱音なんて絶対に吐けない、吐いちゃいけない、やるしかないと思っていました。f:id:kashiemi:20171107152559j:plain

出産から1年足らずでの復帰戦

──復帰戦は出産から1年足らず、前回の試合からは約2年の2016年3月。どういう気持ちで臨んだのですか?

この一戦にボクサーとして再スタートできるか否がかかっているし、これまで支えてくれた会長やトレーナー、ジムの皆さんのためにも絶対勝たないといけないと思っていました。

尊敬する藤岡菜穂子さん(世界4階級制覇の女子プロボクサー)にもこのくらいで負けてるようじゃ先はないよと言われてましたしね。いろんなプレッシャーはありましたが、これで負けたら辞めようと覚悟を決めていました。

リングに上がってライトを浴びた時は、本当に帰ってくることができたんだなと感慨深かったです。試合開始のゴングがなる前、「いろいろあったけどここに戻ってきたんだよ。今度こそチャンピオンになるんだよ」と言ってくれた時、私のことをずっと思ってくれてたんだなと思って胸が熱くなりました。

会長とジムに恩返しするためにも絶対勝たなきゃという思いで戦ったので、勝てた時はホッとしましたね。ようやくまたスタートラインに立てたとも思いました。

──3月の復帰戦以降、5月、7月、9月、11月、2017年も3月、5月とプロボクシングとしては異常なハイペースで試合をしていますね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。