ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

がっつりブランデーが感じられる濃厚チョコ!『ミニボックストリュフ コニャック』は、とにかく大人感がすごかった

 

ファミリーマートで、オシャレでイケてるチョコレートを発見。全部で3種類あったが、今回は『ミニボックストリュフ コニャック』を試してみよう。見るからに大人な雰囲気だが、その味とは?

フランス原産ならでは! 洒落た大人のパッケージ

株式会社 ハッピーポケット(千葉県松戸市)が輸入販売する『ミニボックストリュフ コニャック』(40g・実勢価格税込180円前後・発売中)はフランス原産のチョコレート。

パッケージは縦10cmちょっととコンパクトサイズで、“量より質”という大人のムードがプンプンに漂っている。

洋酒使用アルコール分1.2%と、チョコレートとしてはなかなか高め。「お子様やお酒に弱い方、妊娠・授乳期の方、運転時などはご遠慮ください」という注意書きも記されている。

カロリーは1箱あたり236kcal。輸入雑貨店などに並んでいそうな、いかにも海外チックなパッケージ。表と裏で、上下が逆さまになっているデザインもおもしろい。

しっかりブランデー味! その濃厚さに一口で大満足

中には、小袋ではなくひとつの袋にまとめて9粒のチョコレート。パッケージにはココアパウダーが掛かっているような見た目がデザインされているが、実際にはもう少ししっとりとしていて、サラサラとはしていない。

一口かじってみると、外側と内側で若干食感の違うチョコレート。周りは少し堅めで、中は柔らかくクリーミーだ。

ブランデーは全体的に練り込まれており、口に入れた瞬間からチョコレートが溶けるまで、とにかく濃厚。香りだけではなく、しっかりとブランデーの味が感じられる。

チョコレートそのものもビターで、さらに強めのブランデーと相俟って、相当大人なチョコレート。1粒が小さめかな?と思ったが、一口で十分満足できる重厚さ。

 

これはもう“大人への第一歩”どころか、完全に“大人の階段を上りきった”チョコレートである。

ラインナップは全3種! 仕事終わりのリラックスタイムに

 

そのアルコール濃度の高さから、仕事の休憩中というよりは、一日の終わりが迫った夜のリラックスタイムにピッタリ!

ちなみに、アルコールを含まない「ミニボックストリュフ クラシック」と、ラム酒を使った「ミニボックストリュフ モヒート」もラインナップされているので、気になる人は是非。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『小枝プレミアム<梅酒>』なめらかチョコに梅酒を合わせるという荒技、しかし絶品ハーモニーが生まれた!?
『トッポ×ちはやふる<フルーツタルト>』人気コミックの中で登場したフルーツタルトを再現!
8月11日はきのこの山記念日! 特別企画『現れるのか?! 大粒幸せきのこの山』登場!レアバージョン幸せきのこ&たけのこ発見!
発売25周年!冬季限定チョコ『メルティーキッス』3種を食べ比べたら、抹茶のかつてない美味さに衝撃走る!
ココアの王様・バンホーテンココア使用!『コロン<大人のショコラ>』濃厚なめらかチョコクリームに癒されよう!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy