体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大学入学!新生活♪でも生活のやりくりって不安…先輩たちのお金と生活費事情

大学入学!新生活♪でも生活のやりくりって不安…先輩たちのお金と生活費事情 大学生の中には大学へ自宅から通っている人、一人暮らしをしている人、寮で暮らしている人などさまざまな人がおり、毎月の収支もそれぞれです。

また、一人暮らしデビューをする人の中には、はじめての生活費管理に不安を感じている人もいるではないでしょうか。

ここでは、大学生にはどれくらいの収入と支出があるのか?また、いったい何にお金を使っているのか?節約の仕方は?アルバイトは?などなど、知っておきたいお金のあれこれ、お伝えします。

 

大学生の平均的な生活費の内訳

 

全国大学生活協同組合が、毎年大学生に経済状況や生活状況について調査を行っています。2016年と2015年の主な結果は以下の通りです。

自宅生の1ヶ月の収支2015年と比較しても、収入・支出ともに前年増しという結果になりました。収入源ではアルバイト代、支出では食費・日常費・貯金額が前年額を上回っている結果となりました。

次に、寮などに下宿している人のデータを見てみましょう。

下宿生の1ヶ月の収支下宿生は収入、支出ともに前年減となりました。アルバイト収入は1970年以降最高額となっています。支出では貯金額が1980年以降最高額に、一方書籍代は1970年以降低い結果となりました。

共通して言えることは、支出として食費と日常費は一定の割合を占めています。特に下宿生にとって住居費を除いて、食費が一番高い傾向にあります。

親元を離れることで好きなものだけを食べたり、人によっては他の出費を削ってでもより食費に費やしてしまう人も少なくないのではないのでしょうか。 ※参考URL:第52回学生生活実態調査の概要報告

http://www.univcoop.or.jp/press/life/report.html

※参考URL:地域別最低賃金の全国一覧

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000175631.pdf

 

先輩が教える!目指せやりくり上手‐すぐ実践できる節約術‐

 

では、実際に先輩大学生たちはどのようなやりくり(節約)をしてきたのでしょうか?

「大学生時代、どんな節約をしていましたか?」を複数の人にインタビューしてみました!

■先輩経験談

・服を買うときはプチプラショップや古着屋で購入

・美容院や外食ではクーポンを徹底的に活用

・連絡はメールで行う

(Skypeが導入されてからはSkypeを利用するように。今はLINE?)

・趣味の映画鑑賞はレディースデーやファーストデーなど定価より安いときに利用

・飲み会はハッピーアワーの時間で利用

・カラオケは昼間フリータイムがほとんど

・食事の基本は学食。安くて栄養が豊富

・旅行に行くときは深夜バス、青春18きっぷなどを利用

・先輩と仲良くして、使わなくなった洋服、食事をおねだりする

と充実した楽しい生活を送るべく、日々努力した経験があるように思えます。

しかし、ふだんの生活では工夫して過ごしていましたが、友達や恋人と遊ぶときには節約を気にしすぎず思い切って使うと答える人も多かったです。

あまり「節約! 節約!」と息巻いてしまうと、心がギスギスしてしまうものです。

趣味がある人は、お金をかけられるよう他の支出で調整すれば、節約もつらくなりにくいのではないでしょうか。

筆者は既に大学卒業し、現在は主婦をしています。下記に紹介するのは大学生でもすぐに実践できるやりくり節約術です。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

今すぐ実践!ごはんをまとめて炊いて一食ずつ冷凍

節約といえば、外食より自炊!そうイメージする人は多いでしょう。

しかし、毎日自炊することは困難だという多忙な大学生も多いでしょう。料理に不慣れな人だっていますよね。結果、材料費で逆に高くついてしまう可能性も…。

そのため、まず節約の一歩としておすすめしたい方法が、「ごはんだけは用意しておく」ことです。

一週間分のごはんを週末にまとめて炊いてから、一食分ずつ小分けにして、ラップに広げます。ラップで包んだごはんを冷凍庫に入れて一気に冷凍させてしまってから、ジップロックに入れて冷凍庫に保管しておきましょう。

最近だと、ごはんを冷凍させる専用グッズが100円均一ショップなどでも売っているので、それらを利用してもいいですね。

 

エコブームで堂々と!常にマイボトルで、コンビニに立ち寄らない

 

外出のたびに飲み物を買っていると、出費がチリも積もり、想像より多額になってしまいがちです。

そのため、まずはマイボトルに水やお茶を入れていき、買うときはボトルを飲み終えてからにするようにしています。

また、節約においてコンビニはさまざまな誘惑をふりまく場所です。

ふらりと立ち寄ってしまうと、ついつい何かと買ってしまうため、「これを買いに行く」という目的があるとき以外は、極力入らないようにしています。

 

一日の出費を目で確認!レシートをもらって、使途不明金を作らない

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。