ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒモ男に暴力女にサイコパス! ロクデナシだらけのバイオレンス・スリラー『68キル』 “クリマイ”声優ナレーションの予告編[ホラー通信]

『クリミナル・マインド』シリーズのDr.リード役で人気の美形俳優マシュー・グレイ・ギュブラーが、気弱なヒモ男を演じるバイオレンス・スリラー『68キル』。2018年1月公開の今作より予告編が解禁となっております。

関連記事:グダグダ強盗の大失敗! 『毒々』脚本家が手掛けるバイオレンス満載のジェットコースタームービー『68キル』日本公開

気弱なヒモ男・チップは、勝ち気でドSなガールフレンド・ライザにそそのかされ大金を持つ男の家に強盗に押し入りますが、穏便に済ませたいチップとは裏腹に、家にいた主をライザが惨殺。大金抱えた逃亡の旅路は、あちらこちらのロクデナシたちを巻き込み、チップはさらなる暴力の渦へと巻き込まれていくのでありました……。

こちらの予告編、なんとナレーションは『クリミナル・マインド』でドクター・リードの吹き替えを10年以上務めている人気声優・森久保祥太郎。品のある森久保さんの声とは裏腹に、映像は(下品な方向に)パンチが効いております。出てくる人間すべてロクデナシ、次々出て来る凶器の数々、金と欲望と暴力のフルコースのような予告編。強烈キャラクターが次々登場しますが、ライザの兄のサイコパスっぷりは是非本編でも楽しみにしてほしいポイント。完全に狂ってます。果たしてチップはこの底辺バトルロイヤルを生き延びることができるのか……?

映画『68キル』は2018年1月、特集上映『未体験ゾーンの映画たち』にて公開です。どうぞお楽しみに!

【森久保祥太郎氏からのコメント】

Q:予告編のナレーションについて
「クリミナル・マインド」で、Dr.リード役としてのマシューに10年以上アフレコをし続けてきましたが、ここへ来て、また新たなマシューの魅力に出会えました!
これがマシューの真骨頂なのではないかと言う、コミカルさと、彼にしか発想できないような台詞のやりとりに魅了されます! これはチャンスがあれば、是非、僕が吹き替えたいっ! 絶対吹き替えたい! そう思わせてくれました!

Q:映画『68キル』をご覧になって
そこまでする〜〜!?そうなるの!?という気持ちいい予想外の展開が、ポップでカラフルな映像に乗って飛び込んできます! 見終わった感想を、早く誰かと共有したい!

『68キル(シックスティ・エイト・キル)』
2018年1月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
監督・脚本:トレント・ハーガ『ザ・スリル』(脚本)
出演:マシュー・グレイ・ギュブラー「クリミナル・マインド FBI行動分析課」、
アナリン・マッコード「トランスポーター2」、アリーシャ・ボー「13の理由」、
シェイラ・バンド『ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜』
2017年/アメリカ/英語/95分/DCP/カラー/日本語字幕:岩辺いずみ 
原題:68kill 配給・宣伝:トランスフォーマー

↓愛しのガールフレンド、ライザちゃん(ドS)

↓ライザのお兄ちゃん・ドウェイン(サイコパス)

(C) 2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。