体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SW制作スタジオ訪問その1:「初期構想は頭に翼が生えていた」“BB-8”をデザインしたスタッフを直撃!

img_1655

いよいよ12月15日(金)に全世界同時公開を迎えるシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。本作は、前作『フォースの覚醒』で初登場したコロコロ系ドロイド「BB-8」がどの様な活躍をするのかも注目ポイントとなっています。

今回、筆者は『スター・ウォーズ』シリーズの映像を作っているインダストリアル・ライト&マジック、通称「ILM」を訪問。BB-8をデザインしたクリスチャン・アルツマンさんにお話を伺ってきました! ちなみにこのクリスチャンさん、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ』では「K2-SO」を担当しているそう。愛らしいドロイド生みすぎでしょ!(最高)

img_1649

——早速なんですが……日本にはたくさんのBB-8ファンがいます!

クリスチャン:アジア中で、BB-8がとても人気があるのは聞いたことがあるよ! そういったことを知るのはうれしいよ。映画が公開された時に、関連商品を見始めたけど、BB-8がいかに多いかに驚かされた。BB-8のバックパックに、BB-8のカップとかね。「オーマイゴッド!彼はいたるところにいるキャラクターなんだ」となったよ。彼をデザインしてる時は、僕はそれがそんなにすごいことになると思っていなかった。

——私たちはすでに、BB-8について色々な事を知っていますが、BB-8について、何か私たちが知らないことを教えてください!

クリスチャン:何か新しいことがあるかな……多分、いくつか新しいことが次の映画に出てくるけど、それについては話すことは出来ないんだ。公開まで待たないといけないね(笑)。

img_1651

——このデザインはBB-8のキャラクターデザインの推移ですね?

クリスチャン:この白黒のものはBB-8の初期のデザインだよ。J・J・エイブラムスが、二つの丸のドローイングが描かれた小さなポスト・イットを送ってきたんだ。そして、僕は、「彼は回転するドロイドが欲しいんだな」と思った。そこで僕は、回転できる違う形の違うドロイドをいくつもトライした。それから、多分数週間後に、これ(カラーのデザイン)に進化したんだ。

最初から、僕はずっとオレンジを使っていた。なぜなら、僕はオレンジが好きなんだ! 僕は、オレンジが、オリジナルの映画とこの作品を結ぶパーフェクトな色だと感じた。オレンジは、どこか1970年代の色なんだよね。でも今また、再びとてもポピュラーになっている。ほとんど一番最初から、BB-8にオレンジの要素を使っていたんだ。

——その形(白黒のデザイン)から、その形(カラーのデザイン)までどのくらいの時間がかかったのですか?

クリスチャン:そうだね。多分全部で3週間だね。最初、僕らは「レイを追いかける小さなドロイドがいるかもしれない」というのは知っていた。でも、僕は小さな宙に浮いているドロイドをやっていた。だから、最初のいくつかのBB-8のイメージでは、僕は宙に浮いているものをやろうとしたんだ。僕が一番最初にやったものは、実際、BB-8の頭に小さな翼が二つあるものだった。それは彼女の横を飛び回るんだ。映画の中で、友達のようなドロイドをやるのは、僕にとって初めての試みだった。

——「フォースの覚醒」が公開された後、多くの人たちがこのキャラクターを大好きになりました。彼はとても可愛いですが、彼を可愛く見せるために何か工夫をしたのですか?

クリスチャン:多くの場合、普通のデザイナーたちは、角ばったものや尖ったものは、悪い卑怯なキャラクターに使うんだ。でも、丸くてソフトなもの、あなたが抱きしめられるものは、普通は、とてもイノセントなキャラクターに使う。実際、彼が転がる形になるということで、すぐに僕らは、彼がとても可愛くなるのは分かっていた。それから、大きな一つの目も、そういったことを邪魔したりしない。それはまるで子犬か子供みたいなんだ。その目はずっと、頭の大きさに比べて大きい。だから、そういったすべてのトリックを用いたよ。僕らはまた、僕らがそれを知っていたか、ただそれをやったのかわからないけど、僕はいつも彼をR2-D2よりも小さくした。だから、彼のサイズにも何かがあるね。特にR2-D2の隣にいると、R2-D2が大人に見えて、BB-8は子供のように感じる。そういったことも役立ったと思う。

——「フォースの覚醒」の最後の方で、BB-8がR2-D2に初めて会いますが、すぐに、彼らが家族であるというのを感じることが出来ます。(デザインの中で)そういったことを意識してやられたりしたのでしょうか?

クリスチャン:そういった(彼らが家族だという)感じはあるね。僕らは、R2-D2のことを40年間知っている。だから、彼は今大人のように感じるんだ。BB-8がR2-D2を見上げると、それはまるで彼のお父さんみたいなんだ(笑)。それは彼のお父さんか、少なくとも、叔父さんみたいだ。(二人の間にある)そういったサイズの関係は、とても重要だよ。

——BB-8は、前のシリーズのR2-D2の役目を受け継いでいるように感じますよね。BB-8のデザインをやる上で、R2-D2のデザインから何か影響を受けたものはありますか?

クリスチャン:主にディテールだね。僕はいつも、R2-D2が、2つの目と口からなっていない点が大好きだった。それ(顔の作り)ははっきりしていない。ほとんどピカソのバージョンの顔みたいなんだ。とてもアブストラクトだ。そして、それはほとんど、エンジニアリングのために作られている。その任務のためにね。でも、そこに顔があるのを見ることが出来る。それはパーフェクトな顔じゃない。でも、そこに顔があるんだ。でも、それは見つけないといけない。そして、間違いなく、僕らは、すべてのドロイドで、そういった点を見ていった。自分たちが二つの目とスマイルが欲しくないのはわかっていた。間違いなく、パネルが開いたり閉まったりする方法や、秘密の引き出しといった、ドロイドのディテールや、すべてのドロイドにあるエンジニアリング・ランゲージ(工学用語)は、そのまま維持することにしたんだ。

%e3%80%8e%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%80%e3%82%a4%e3%80%8f%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%93

——クリスチャンさんはいつから「ILMスタジオ」で働いているのですか?

クリスチャン:僕はここに、1999年からいるよ。だから、18年間だね。

——ここは世界で最高のビジュアル・イフェクト・ハウスだと思いますが、あなたはここで働くことで、どんな点を一番エンジョイしていますか?

クリスチャン:子供の頃から、僕はいつもアートに対して情熱を感じていた。僕は本当に映画が大好きだった。そして、その両方をやれるかもしれないというのを見つけたんだ。子供の時、「スター・ウオーズ」のビハインド・ザ・シーンを見ていて、自分が6歳か7歳の時には、ILMのことを知っていたんだ。だから、僕にとって、ここは、神聖な場所なんだ。毎日、何が素晴らしいかというと、ここにいる誰もが、自分たちがしていることに、とても長けている。それが、あなたが先ほど見たこういった美しいモデルを作ることだったり、誰もが、最高の仕事をしているんだ。毎日、他のみんなの仕事を見て感心させられるんだ。

——観客と一緒に映画を見て、彼らのBB-8への反応を見たり、観客がBB-8のファンになっている事を感じた時、どんな事を思いましたか?

クリスチャン:それを僕が理解するのには長い時間がかかった。(映画が公開された時は)僕は、「みんなはBB-8を本当に気に入っているの?」といった感じだった。映画が公開され、一ヶ月後には人々はそれを忘れている、ということもよくあるからね。でも2年経って、人々は今でもBB-8が好きだ。『フォースの覚醒』の一番最初の予告編が出た時のことを覚えている。(それが公開された)翌日、インターネット上のどこかで、誰かが、自分のふくろはぎに大きなタトゥーを入れたのを載せていたんだ。その予告編でのBB-8の唯一のショットは、彼が走っているもので、全ては回転していてぼやけているんだ。だから、そのタトゥーもぼやけている(笑)。僕はそこに座りながら、「オーマイゴッド!誰かがすでにその入れ墨を入れたなんて信じられない。もし実際に映画を観てこのキャラクターを嫌いになったらどうするのだろう?」となったよ。

——どんなキャラクターかまだよく知らない段階でタトゥーを入れてしまうなんて驚きですね。

クリスチャン:そうだね。きっと気に入ってくれていると、信じているよ。

——BB-8以外のあなたのお気に入りのSWのキャラクターはなんですか?その理由も教えてください。

クリスチャン:実にたくさんあるよ。まずはダース・ベイダーが大好きだ。100年間残るアイコニックなキャラクターはほんの少ししかない。フランケンシュタインのモンスターとかね。誰もがその頭の形を知っている。多分、(そういったキャラクターは)一握りだ。でも、ダース・ベイダーは忘れられないデザインだ。それはすごく明白なんだ。彼は大きくて、怖くて、ダークだ。でも、誰もそれをやったことはなかった。何かがそこにあるんだ。チューバッカもとてもアイコニックと言えるね。それは、「人間の親友である犬をやろう。でも、彼を7フィートの背の高さにするんだ」といった感じで(笑)。

——ダース・ベイダーもチューバッカもそうですが、ヨーダもR2-D2も、X-ウイングも、『スター・ウォーズ』には実に多くのアイコニックなデザインがあります。全ては、もちろん、ジョージの想像から出てきたわけですが、それを形にしたチーム全体が素晴らしいですね。

クリスチャン:それは僕らが学んでいることの一つでもあるね。『スター・ウォーズ』のデザインとは何かをやりながらね。それはシンプルなデザインなんだ。タイ・ファイターは、最もシンプルなものだよ。アイコニックなものは、ほとんど呆れるくらいにシンプルだ。でも、ある人が『スター・ウォーズ』を見たら、二日経っても、全ての形を覚えていて、それを描くことが出来る。

——今日は大変楽しいお話をどうもありがとうございました!

ILMスタジオとは?……
1975年、当時『スター・ウォーズ』を作ろうとしていたジョージ・ルーカスが設立したVFXスタジオ。
『スター・ウォーズ』シリーズはもちろん、これまでILMが制作した映画はというと、『レイダース/失われたアーク』『E.T.』『ネバーエンディング・ストーリー』『グーニーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ』
『ミッション:インポッシブル』『ジュラシック・パーク』『ハリー・ポッターと賢者の石』『マトリックス』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『トランスフォーマー』『アイアンマン』『アバター』『パシフィック・リム』などなど、などなど。面白いのほぼ全部じゃない?

【関連記事】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
https://getnews.jp/archives/1990520

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。