体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Una Lorenzen + Heather Millard about 『YARN』

yarn_main

YARNとは、織物や編み物に用いる糸。そして面白い冒険談をたっぷり話すという意味の言葉。そのタイトル通り、今作は編み物にまつわる素晴らしく刺激的なアートを追ったドキュメンタリーだ。家庭内で行う工芸としてアートとはなかなか認めらない編み物だが、この作品に登場する4組は驚くほどに自由でしなやか、時にパンクな発想とそれを形にする確かな技術とで私たちの常識や想像を軽く覆す作品を作り出す。そして、それら明るい色とりどりの編み物とアーティストを追ううちに、私たちは世界が抱えるジェンダー、政治、環境など様々な問題についても目にし、共に考えることになるのだ。この傑作について、ウナ・ローレンツェ監督と共同監督兼プロデューサーのヘザー・ミラードにインタビューを試みた。

ーYARNを題材に選んだ理由を教えてください。

Heather Millard「最初にインスピレーションを得たのは、映画祭で脚本家でありエグゼクティエグゼクティヴ・プロデューサーのKrishan Aroraと、次はどんな”伝統的/家庭的”な活動がトレンドになるかという話をしていたときです。テレビ番組の『the Great British Bake Off』の影響でパンを焼くことへの興味が幅広い層で拡大していることについて話していて、『じゃあ、編み物はどうだろう?』と考えました。この思い付きがどんどん膨らんで、編み物について、そして後にかぎ針編みについても調べ始めました。そのうちに、編み糸で作られているとんでもなく素晴らしい芸術作品をたくさん発見したというわけです」

ーーあの4組のアーティストを選んだ理由をお願いいたします。

Heather Millard「『YARN』に良さそうな人を探して世界中を巡って、男性も女性も多くの人に会いました。男性のニッターを出さなかったのは意図的ではなく、偶然そうなったのです。今回出てくれたアーティストたちは、一人ひとりがお互いの言っていることを支えたり、時には対立するような強いメッセージや議題を持っていて、彼らが登場人物として一番興味深い人材だと思いました。しかし、彼ら以外にも世界中に編み糸を使っているおもしろい男性、女性がまだまだ沢山いるので、続編を作ることだって全くないとは言い切れないくらいです」

Una Lorenzen「私たち映画を作る側の人間がメッセージをコントロールするのではなく、編み物の世界のそれぞれ違う場所に位置する人たちが登場することで、彼らやその活動自体が声となり、そこにある問題の概要を詩的に提示するという形を考えていました。とはいえ、本作のように幅広い題目がある場合、”赤い糸”は必要不可欠。脚本家とプロデューサーは、最近トレンドとなっている手作業(大抵はかぎ針編み)に焦点を置いてアーティストを探していました。
編み糸へのノスタルジーと驚きを呼び起こすことに焦点を置き、巨大で立体的なものからウールの靴下までを紹介することで、登場人物と彼女たちの歩みが描き出す多くの議題にスムースに感情移入させたのです。あたたかみのあるアニメーションとバーバラ・キングソルヴァの散文とオリジナルの音楽を使ったのも、そのためです」

ーー2年かけて制作したそうですが、どれくらいの撮れ高がありましたか。その中からあの内容に絞るためのポイントをどこにおきましたか。

Heather Millard「実は、制作には2年以上かかっているんです。2012年にコンセプトを考えはじめて、2016年に完成したので本当に長い道のりでした。『YARN』の撮影のために、アイスランド、アメリカ、キューバ、ハワイ、カナダ、ドイツ、オランダ、スペイン、イギリス、イタリア、ノルウェー、スウェーデン、デンマークの12国を巡り、最終的には70時間に及ぶフッテージがあり、エディターのThorunn Hafstadとかなりの時間をかけて編集を行いました。やむなくカットした素晴らしい映像もたくさんあるので、特典映像のようなものが作れたらいいなと思っています。編み糸のカラフルでポジティブな要素を見せる映画にしたいという明確な意図があったけれども、同時にアートとクラフトの関係など議論になるような題目も含めたい。それが編集のポイントでした」

yarn_sub_9

ーー映画内には編み物を通じ、様々な国の現状、アートや表現、フェミニズム、環境、政治、教育についてなどの問題が描かれています。当初からこのような問題も同時に描く予定だったのか、作るうちに付随する問題として出ていたのか、教えてください。

Heather Millard「当初は、編み糸で作られた世界中の様々の素晴らしい作品へと導くためのポジティブな映画を作り出す計画でした。けれども、Olecの撮影の初日も、そそして登場人物たちと撮影を行ったどの日も、編み物に留まらない強いメッセージを各々が持っていることを感じて、私たちはそれに魅了されました。そのメッセージがなくしては、『YARN』は作ることができなかったのです」

ーーアーティストの登場の順番にも意味があるように思えます。最初にアーティストでポリティカルなTinaを持って来たことで単なるクラフトの映画ではないことがしっかりと伝わりました。そこからファッションとも繋がる華やかなOlek、フィジカルなCircus Cirkor、アートから繋がりという変遷を体現したToshiko Horiuchiが最後に登場します。この順番に関してどういう風にコンセプトだてを行ったのでしょうか。

Heather Millard「もちろん意味があります。冒頭は羊という編み糸の根源から始めたくて、そこからいろんな題材を巡り、始まりと同じように羊の毛で映画を閉じたかった。他の登場人物の順序は詩的なもので、物語の流れがいいように、そして、常に面白味を与えられるように配置しました」

ーーOlekと同様に監督もバックボーン/ルーツに戻ってこの映画を制作していますよね。アーティストにとってルーツに立ち返ることの意味を教えてください。また、あなたにとってそれはどんな発見をもたらしましたか。

Una Lorenzen「母がレイキャビクの美術学校のテキスタイル科長だったので、幼少時代からそういうものと親しんできました。北欧諸国にはいたるところに羊やウールがあるので、それも慣れ親しんだものだったのです。今やテキスタイルアートの認知度は上がり、それは私たちの認識を変えるくらいのものになっています。だから、編み糸を使っている様々なアーティストを見つけて、追いかけ、映画のメッセージを伝える”声”になってもらいました。ノスタルジーに加えて、その可能性や伸びしろをしっかりと示したかったのです」

1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。